TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ トヨタ自動車

「組織再編を目指す」トヨタ社長

投稿日:

トヨタの豊田昭夫社長は、自動車メーカーの構造改革を加速し、事業の改善と収益性の向上を図ると述べた。 豊田氏は最近のインタビューで、「持続的な成長を実現するために、企業の構造を変えることを目指す」と述べた。
その一環として、アジア最大の自動車メーカーであるトヨタは、意思決定の迅速化を図るため、自動車事業を4つの部門に分割しています。 トヨタの2012年の世界販売台数は過去最高の871万台を記録しましたが、品質向上の余地はまだあると豊田氏は言う。
トヨタの自動車販売台数は、リーマンショック後、再び増加に転じています。 2008年9月、世界的な危機を引き起こしましたが、豊田氏は自社の将来の方向性については慎重な姿勢を維持しています。 豊田氏は「新記録を持ち去る時期ではない」と述べた。 「(トヨタ)リーマン・ショックのようなことがあっても利益を出せる会社にしたい
2009年に社長に就任した豊田氏は、販売数量の拡大ではなく、経営環境の変化を乗り切る能力と品質管理の向上に注力してきました。

2011年に発表したグローバル戦略では、為替・車両販売の変動に強い体質を構築するため、ドルに対して85円前後の円高が続く中、世界の自動車販売台数が年間約750万台と低迷している中でも、黒字を維持できるよう収益力を強化するとしている。
豊田氏は、後継者は「自己犠牲」の精神を持った人物である必要があるとし、「そうでなければ、バットンを合格させない」と述べた。

-トヨタグループ, トヨタ自動車
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.