TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ トヨタ自動車

【円安】トヨタ、GMの第5四半期の売り上げを上回る

投稿日:

トヨタ自動車 すべての自動車メーカーは5四半期連続で過去最高を更新した。 これは、円安がGMやフォルクスワーゲンに対する優位性を一段と高めているためだ。

日野自動車(株)を含めたトヨタ全世界の売上高 ダイハツ工業(株)は1-3月期に243万台に達したと、広報担当者の山田志野氏は水曜日に語った。 これは、GMの236万台、VWの227万台に匹敵する。
トヨタは12月下旬以降、2013年の販売台数を1,000万台近くにまで拡大すると予測しており、これを上回る自動車メーカーはこれまでにない。 その後、主要通貨に対する円安の進展に伴い、業況は一段と好転し、今年だけでも500億ドルを超える業績見通しの上振れや時価総額の増加が見込まれています。

2008年には、2011年3月の日本での災害やタイでの洪水で生産が途絶えたため、GMの77年間にわたる世界最大の自動車メーカーとしての地位を失い、2011年まで年間売上高トップの座を維持しました。 2012年には売上が回復し、トヨタは975万台を納入し、世界No.を取り戻すことができました。 景気後退に伴い1タイトルが下落し、自動車メーカーは新製品を追加した。
利益も回復している。 Bloombergがまとめたアナリスト平均予想によると、3月期の純利益は3倍の9,080億¥となり、今年度は52%増となる見通しだ。 その背景には、11月中旬に安倍晋三首相が就任することが明らかになって以来、ドルに対して19%下落した円がある。
トヨタの豊田明男社長は先月、社団法人日本自動車工業会会長として、「新政権は迅速かつ積極的な行動をとっている」と語った。 「為替相場の動きが安定する中で、われわれが銀色の線を描き始めていることは疑いの余地がない」と述べた。
業界調査会社オートデータによると、トヨタの海外最大市場である米国での販売台数は前年同期比8.7%増の52万9444台だった。

この結果、米国市場シェアは14.1%から14.4%に拡大したが、GMとトヨタの市場シェアの差は0.2ポイント拡大した。

三菱自動車リコール「アウトランダー」

共同

スカンダル汚染三菱自動車(株) 運輸省が2011年10月に自動車メーカーの特別検査で不具合報告を行ったことを明らかにしたことを受け、同日、モーター制御の欠陥を修復するためにOutlanderプラグインハイブリッド車をリコールすると発表した。 このリコールは、1月から3月にかけて日本市場向けに生産されたアウトランダーハイブリッド3,839台に影響を与える、と同社は政府に報告した。
3カ月前に発売されたばかりで、先月後半から3社のディーラーから不具合に関する非致死的な報告を受けている。

リチウムイオン蓄電池に過熱問題があったとされるアウトランダー社のPHEVを視察したことがリコールのきっかけとなった。 その後、バッテリーに関連した問題に関する他の2件の報告がなされた。 バッテリー過熱の原因が特定されれば、再度リコールされる可能性がある。
一方、運輸省関係者によると、2012年後半の三菱自動車の特別検査で、同社が2011年10月に自動車の不具合に関する虚偽の報告を行ったことが判明した。 三菱自動車は、2006年4月から51/2年間に6件の不具合報告を受けたが、不具合はなかったとのことであった。
しかし、2011年11月から昨年12月にかけて、三菱自動車は、省の指示により、全国で176万台の軽自動車をリコールしました。 また、この特別検査では、三菱自動車が不具合情報を十分に収集できていないことが判明した、と同省幹部は述べた。

-トヨタグループ, トヨタ自動車
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.