TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

エアコン問題で88万5000台をリコールするトヨタ

投稿日:

ニューヨーク-トヨタ自動車 カムリとアバロンのセダンを合わせた88万5000台と、主に北米で販売されているベンザSUVを、空調用コンデンサユニットの住宅に問題があったため、自主的にリコールすると発表した。

リコール対象車は、カムリハイブリッド車、アバロンハイブリッド車などで、2011年8月から2013年6月までに製造し、米国、カナダ、メキシコ、欧州、中東、韓国、中国で発売しています。

そのような車両では、空調コンデンサユニットハウジングからの水がエアバッグ制御モジュールに漏れ、短絡を引き起こし、エアバッグ警告灯が点灯する可能性がある。 場合によっては、エアバッグが無効になったり、不注意に展開したりする可能性がある。 この問題を解決するため、エアバッグ制御モジュールの上部にある空調用コンデンサユニットのシームにシール材を塗布し、カバーを取り付けます。
この問題に関連したトラブルが2件報告されており、軽傷が報告されている。

Hondaが回収を確認する

共同

本田技研工業(株) ウォーターポンププーリーの欠陥によりエンジンが停止する可能性があるため、ステプグン、ステプグン・スパダ、ストリーム・ミニバンの3車種の合計13,019台をリコールすると発表した。

Hondaは、国土交通省に提出したリコール報告書で、2009年11月から2011年3月の間に当該機種を製造し、日本、香港、マカオで販売したと述べている。 エンジンにプーリを固定しているボルトが緩み、発電機を駆動するベルトとクーラントポンプが外れる可能性があると述べている。
このような場合、エンジンが過熱し、バッテリーに蓄えられた電力量が減少し、エンジンが停止することになる、と同氏は言う。 Hondaは昨年2月からドライバーから21件の苦情が寄せられているが、これを改良したプーリーに置き換えると発表した。

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.