TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

カムリー氏は、米国での売り上げを引き続き伸ばす方針

投稿日:

 

ロサンゼルス(ウォール・ストリート・ジャーナル)米自動車最大手トヨタ自動車(NYSE:TM)のカムリー(NYSE:CAM)は13年連続で「注目を集める」とした。 カムリは、日産自動車(NYSE:ALT)のアルティマやフォード・モーター(NYSE:F)の「フュージョン・セダン」を大幅に上回る4万台を10月までに獲得した。
2014年は、フォードがフュージョンの生産を増やし、ヒュンダイモーターを買収するなど、競争が激化した。 トヨタ・ブランドのグループ副社長、ビル・フェイ氏は、カムリーが止まり木から追い出されることを保証するものではないと述べた。 「今年、キャンリーを償却したい人もいたが、そうはならなかった」と、Fayは火曜日、ロサンゼルスのオートショーでのインタビューで語った。 「われわれは、集団のチームを通して、それをいいえに保つために、何らかの努力をするつもりだ。 来年1日
世界最大の自動車メーカーであるトヨタは、カムリとの戦いや、米国を拠点とする同業他社のベスト・ビークルとの戦いを一世代で繰り広げており、最大6年間で米国での売上高を目指している。 Fay氏によると、米国経済の好材料である新車やトラックの需要は依然として堅調だ。
トヨタ車、レクサス車、サイオン車を合わせた2013年の販売台数は225万台となる見込み。 前年比8.2%増と過去最高の262万人を記録しました。 Fayは、2011年に2012年モデルとしてリリースされた現行のCamryについて、同社が検討している変更点については言及を避けた。
「私たちが何かをやっていると言っても大丈夫です」と彼は言った。 「来年はカムリに注目する」ほか、今年は米国で過去最高となる24万台のプリウスハイブリッドを発売する見込み。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2019 All Rights Reserved.