TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

日産自動車

ゴーン氏、水素自動車に懐疑的な人々と一緒

投稿日:

日産自動車 カーロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は、燃料電池自動車に消費者が乗り出すのは10年後のことだと述べ、テスラ・モーターズ(NYSE:TSL)傘下のエロン・マスクに加わり、水素自動車の将来に疑問を呈している。 ゴーン氏によると、このような車両には燃料補給を行う場所が数カ所しかなく、必要なインフラストラクチャーを建設するのは非常に困難であるという。先月のムスク氏のコメントと同様のコメントがあった。

Ghosn氏は、東京モーターショーで「日産は燃料電池車の計画を前倒ししている。 これは、電気自動車が水素自動車に対抗するのと同じ問題だ。 消費者は設備の建設を待ち、投資家は自動車の普及を望んでいる」と語った。 ルノーを率いる電気自動車の初期の提唱者、ゴーン氏は「2015年に大量販売を予定していると言う競合他社に会うのは非常に興味深く興味深い」と述べた。 「インフラはどこにありますか? だれがそれを作ろうとしているのか?

トヨタ自動車(株)の自動車メーカー ゼネラル・モーターズに 電気自動車に代わる燃料電池技術への投資は、コスト、安全性、限られた範囲、充電設備へのアクセスなどの懸念に悩まされてきた。 テスラは、火災の危険性について米国の調査を受け、今週、バッテリーパックに穴をあけ、道路上の物体に当たった後に点火する危険性を減らすため、モデルSセダンを調整したと発表した。

ムスクは10月、ミュンヘンで、燃料電池車が実用的な技術になることは「決してない」と語った。 燃料電池はあまりにも複雑で、コストがかかり、クリーンではない。ほとんどの水素は天然ガスから生成されるからだ、と同氏は述べた。 テスラは、リベート、インフラの補給、グリーンカーのクレジットなどの形で、水素自動車と資源をめぐって競争しており、今年は黒字化を達成した。

-日産自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.