TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

スバル

スバルの記録的な飛躍により、FHIは議論を展開しています

投稿日:

テスラ・モーターズ(NYSE:TM)以外に、2012年初めから5倍にまで増加した自動車メーカーの株価はどれか。 スバルの生産会社である富士重工業(株)

また、円安の影響で、他の日系自動車メーカーよりも大きなメリットがあり、また、スポーツカー「BRZ」などの新型車の人気が高まり、米国の消費者が買い待たなければならなくなったことから、売上高、利益ともに過去最高を更新する方向に向かっている。 富士重工の吉永安之社長は、オールホイール車のニッチメーカーであるスバルが大きすぎるのではないかと心配している。
吉永氏は今週東京で行われたインタビューで、「スバルにとって大きな転換点に立っている」と語った。 「ボリュームだけではいけません。 「われわれは、スバルならではのクルマを作るべきだ。これは、競合他社よりも多少高価で利益率の高いものだ」とし、スバルの車種を拡大するか、インドのような安価なクルマを追求するか、売れ行きの良いモデルに固執するか、という議論が社内で激化している、とYoshinaga氏(59)は言う。
トヨタ自動車(株)を含む富士重工の役員 同氏は、スバルの長期的な方向性を決定するため、今月から来年にかけて協議を開始すると述べた。

「量販車や安価な車を作りたいと思う人もいるかもしれませんが、スバルにとっては正しい方向なのでしょうか」と吉永氏は尋ねた。 「われわれはトヨタほど大きく成長できる自動車メーカーではない。 そして、このような規模に達したとしても、中西総合研究所(株)の創設者である中西隆明氏は「スバル」をやめることになるだろう。 また、インスティテューショナル・インベスター誌によると、今年の日本の自動車アナリストトップは、富士重工業は自動車市場では小規模にとどまるほうが良いとの見方を示した。
「スバルはニッチ製品です」と中西氏は言う。 「トヨタは強力なパートナーであり、スバルの製品開発を補完し、ニッチ・プレーヤーに戦略を集中できる」と語った。

中期的には2016年3月までに85万台の販売目標を掲げており、10年後には100万台に達すると予想されているが、計画を大幅に上回るペースで推移している可能性がある。 3月までの1年間の販売台数は13%増の72万4,000台、今期は75万2,000台となる見通しだ。
その中には、トヨタと共同開発したBRZがあり、米国のインプレザセダンの販売で8カ月待ちリストに入ったことがあり、人気を博しています。一方、2011年に改良版を発売したことで、昨年は2倍以上になりました。

また、2012年に発売した新型スポーツ・ユーティリティ・ビークル「フォレスター」は、米国道路安全保険協会が今年最高の安全性評価を取得し、スバルのラインナップでトップセーフティピックを獲得した唯一の自動車メーカーとなり、4年連続でトップセーフティピックを獲得しました。

このような事業展開に伴い、拡大にブレーキをかける可能性のある話し合いは、記録的な需要が見逃されるリスクを冒すことになる。 また、円安による国内工場の生産拡大が進むなかで、スバルのニッチ地位の維持をめぐる議論も進んでいます。 吉永氏は、100万台がスバルにとって「適切なレベル」になると述べた。
しかし、富士重工業は拡大を止めていない。 インディアナ州ラファイエットの生産台数を2016年末までに10万台増やすために、4億ドル(¥386億円)の投資を行っている。

現在、同社はサラダデーを享受している。 Bloomberg Newsが集計したデータによると、前年同期の純利益はほぼ3倍の485億¥となり、営業利益率は12.7%と、中国のGWMに次いで2番目だった。 アナリストらは、2013年3月期の業績は、富士重工の2倍以上の販売台数を誇るスズキ・モーター(NYSE:SUZKI)を上回ると予想している。
最近の成功の一部は幸運に起因している。 昨年、尖閣諸島をめぐる日中の主権衝突を契機に、中国が世界最大の自動車市場で自動車を製造することを中国が承認しなかったことは、中国全土で反日運動が活発化したことから、富士重工業にとって幸運な結果となりました。 トヨタ自動車(Nasdaq:NSMC)は、トヨタ自動車(NYSE:NSM)が直面していた反発に大きく左右されなかった。 本田技研工業(株)と 2012年には中国での売上が減少すると報告する。
その後、この1年間に他の主要通貨に対しても円安が進行しており、ドルに対して19%の円安が進行しています。 富士重工業は4-6月期、国内で4分の3の自動車を生産し、その80%を海外で販売した。 その理由は、米国市場を中心に、マツダを除く国内の競合他社を上回る通貨安の恩恵を受けているからである。
日本の自動車メーカーの中には、円高の影響を受け、自動車販売を拡大したものもある。 日産は米国で7車種の値下げを実施した。 吉永氏は、フジ・ヘビーは、次のような訴訟には抵抗すると述べた。 同社は、米調査会社オートデータ(NYSE:AUT)が追跡している自動車メーカーの中で最も低いインセンティブを提供している。 一方、競合他社は不満を表明している。 フォード・モーター アラン・ムラリー最高経営責任者(CEO)は6月、日本を通貨操作者と呼び、現地の輸出業者に不公平な優位性を与えた。

-スバル
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.