TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 三菱自動車

トヨタ、プリウス・レクサスハイブリッド車24万2000台のリコール

投稿日:

トヨタ自動車 プリウスとレクサスのハイブリッド車は、ブレーキシステムに問題があるため、世界中で約24万2000台をリコールしていると発表した。

リコール対象は、2009年3月から10月に製造したプリウス車約23万3,000台、2009年6月から10月に生産したレクサスHS250h車約9,000台。 リコール対象のプリウスは、北米、欧州、アジア、中東など世界中で販売されています。 トヨタによると、レクサス・ラグジュアリー・セダンは日本と北米で販売されている。
国土交通省への報告において、トヨタは、ブレーキシステムは、部品に十分な強度がなく、破損する可能性があるため、機能しない可能性があると述べた。

三菱自動車、EVリコール発行

三菱自動車 リチウムイオン電池の問題から、プラグインハイブリッド・アウトランダーPHEVなどをリコールすると発表した。

リコール対象は「アウトランダーPHEV」、「i-MiEV」、「ミニカブMiEV」で、2009年7月から2013年3月までの累計生産台数は4,428台。 無償修理は6月中旬に始まる見込み。 これは、交換用のバッテリーセルの改良に少し時間を要するためだ。
三菱自動車は、4月から今月にかけて製造した1,456台をリコール対象としていると省に伝えた。 まだ出荷されていませんが、ディスプレイやテストドライブに使用されている車がリコールされています。

同省の製品スクリーニングでは、バッテリーセルの一部が過度に振動している一方で、他のセルが落下していることが示された。 充電試験を行ったところ、i-MiEVバッテリーが火災を起こし、一部のセルが短絡して電圧低下や熱変形を起こす可能性があります。 この電池は、三菱自動車(株)の電池メーカーであるGSユアサ(株)が設立した合弁会社であるリチウムエナジージャパンが製造したものです。 商

-トヨタ自動車, 三菱自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.