TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ、中国での売り上げが秋までに完全に回復しないとの見通し

投稿日:

 トヨタ自動車

今年秋までには、中国での売り上げが本格的に回復しないとの見通しを示した。

日本ブランドに対する反発が続いているためだ。

トヨタの小西寛治代表は上海日曜日に記者団に、「当初の予想は半年後に売り上げが回復するというものだったが、今秋に新製品を投入した後、さらに強力に後押しする計画だ」と語った。 「内陸部や若い世代にもっと注力する」と述べた。

日本最大の自動車メーカーは、今年上海で開催される自動車ショーで52機種を出展している。中国特有の世界プレミア2機種を含むが、少なくとも10年ぶりの年間売上減少を逆転させるためだ。 現在、中国長州で開発中のハイブリッドコンセプトである「雲東春慶2」や、中国の若い消費者にアピールする6人乗りの「FT-HT Yuejia」などがあります。
IHS Automotiveの上海在住アナリスト、リン・ハイビン氏は「日本の自動車メーカーにとって、中国特有の車を開発すること、あるいは、より地元のデザイナーを使って、車を地元の好みに合わせることが重要だ」と述べた。 「日本の自動車メーカーは、伝統的に中国を重視してこなかった。だからこそ、市場シェアが低下したのだ」と語った。
昨年末、中国における日本車の販売台数は、中国では「ダイアオイ」、日本では「尖閣」と呼ばれる無人島の所有権をめぐる緊張が高まったため、急落しました。 この紛争は、日産自動車を含む日本の自動車メーカーを牽引した。 また、本田技研工業(株)は中国での利益見通しを下方修正し、生産量を削減する。

トヨタの中国における販売台数は、前年比4.9%減の84万500台となり、2002年にさかのぼる同社の数字に基づくと、初めての減少となりました。 愛知県のトヨタ自動車メーカーは1月、反日感情が収まって需要が改善するのを待ち、早ければ2014年まで中国を日米に次ぐ300万台市場にする計画を延期した。 カムリ・セダンの生産台数は、2013年には約7%増の90万台に達すると見込んでいる。
同社は、中国での高級車の生産も検討していると発表した。 レクサスESの組立ラインは米国で2日に新設された。 同社は、中国での高級車の生産も今後検討している、と大西氏は日曜日に語った。

「中国のレクサスの売上高は米国に次いで大きい」と述べたが、高品質な自動車部品を安定的に調達する必要があるため、生産開始にはしばらく時間がかかると付け加えた。 土曜日、日産自動車(株) 今年は中国合弁会社の売り上げが16%増加するとの見通しを示した。

日産と東風汽車(株)の合弁会社で納品 日産の中国ベンチャーヘッド、中村君安氏によると、今年は中国で90万台に達する可能性がある。 2012年の77万3000台から、日本の自動車メーカーの中で最も多くの自動車を販売する中国では90万台に増える可能性があるという。 日産は3月、中国での小売販売台数が前年同月比で増加し、世界最大の自動車市場でトップ3に入ったのは初めてだったと発表した。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.