TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ

トヨタ、円安で増益予想

投稿日:

米自動車大手トヨタ自動車(NYSE:TM)は26日、通期業績見通しを8%引き上げた。 円安が日本車の海外販売台数を押し上げたためだ。

平成25年8月2日

来年3月期の当期純利益は、¥1兆4,800億円と、前回¥予想の1兆3,700億円を上回る6年間の最高益を更新する可能性がある。 7-9月期の純利益は前年同期比94%増の5,622億¥となり、Bloombergがまとめたアナリスト予想の¥4,412億人を上回った。
トヨタはゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)に追いつかなかったものの、日本最大の自動車メーカーであるGMは、海外で販売される製品の価値を高め、日本の輸出業者の円安に努めた結果、前四半期に3倍の利益を得た。 何年にもわたってリコール危機、円高、自然災害と戦った後、アナリストらは、カムリー・セダンのメーカーは来年度には過去最高益を更新すると予測している。
インテリジェンス・オートモーティブ・アジアのアシュビン・チョタイ最高経営責任者(CEO)は、「トヨタは現在、非常に堅調に推移しており、好機は多く、逆風よりも尾風の方が大きい」と述べた。 トヨタ株は、決算発表前の¥6,430で3.4%値上げした。「円はもはや頭痛ではなく、主要市場で好調に推移するはずだ」との見方を示した。 昨年後半に円安が始まって以来、今年の株価は61%上昇し、世界の主要自動車メーカーを上回った。
売上高から売上原価を差し引いた営業利益は、前期比88%増の6,634億円となり、¥の6,490億円を上回りました。 売上高は前年比14%増の6兆2600億¥となり、¥平均の6兆円を上回りました。 カローラ・セダンとカムリ・セダンは5月以降、純利益が42%増加し、6年間で1兆3,700億¥に達すると予測している。

ホンダ、トヨタ米国

ロサンゼルス
ブルームバーグ

本田技研工業(株) トヨタ自動車(株)と 7月には、フォード・モーター(NYSE:F)との競争が激化するなか、中型セダンの販売リーダーシップをめぐり、アジアの自動車メーカーが台頭した。 日産自動車(株)と

Hondaはアナリスト予想を21%上回った。 トヨタの配送量は17%増加し、3年以上ぶりにフォードの予想を上回りました。 日産の11%の増益はほぼ横ばいで、韓国の関連会社である現代自動車(HYUNDAI MOTOR)の売上高を合計したものだ。 木亜自動車(株)と 予想を上回る4.5%増
特にトヨタのカムリのような中型機向けの低金利と競争力のあるリースは、景気拡大に伴い米国での自動車販売を押し上げている。 業界の需要は、消費者が米国の道路で過去最古の自動車やトラックに取って代わられ、過去6年間で最高を記録するペースで推移しています。 ⤢・エドマンズ・ドット・コムのアナリスト、ジェシカ・コールドウェル氏は「カムリは国内トップの売り上げを誇ったが、値段がついた」と述べた。 「カムリのインセンティブはほぼ2年間で最高水準にあり、Hondaのアコードの4倍である」と同氏は述べた。 米自動車大手⤢・エドモンズ・ドット・コムによると、トヨタは7月、カムリ1台あたり平均2,581ドルのインセンティブを提供した。 アコード1台あたりの売り上げは627ドルだった。
米自動車大手オートデータ(Nasdaq:AUT)によると、Hondaの自動車販売台数は、業界全体で14%増の132万台となり、大型車メーカーの中では最高の伸びを記録した。 米国の自動車メーカーは、キャムリスやアコードの需要に加えて、より競争力のある自動車や低燃費ピックアップが需要を牽引しています。
ニュージャージー州ウッドクリフ・レイクによると、7月にはトヨタ、ホンダ、日産が増えたことで、アジアの自動車メーカーは47.5%のシェアを獲得したという。

トヨタ、レクサス、スカイオンの7月の販売台数は19万3394台だった。 そのエッジ・フォードの193,080台の自動車と軽トラックは、トヨタをゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)に次いでランク付けしている。 Autodataによると、2010年3月以降、米国で初めて出荷量を カムリーの売上高は前年同期比16%増の34,780台だった。 トヨタは今年、少なくとも40万台を販売する見込みだと発表した。 インセンティブは高まったものの、カムリーにとっては不利ではない、と米国トヨタのグループ副社長、ビル・フェイ氏は述べた。
Hondaは先月、141,439台のHonda車とAcura車を納入した。その増加率は、Bloombergが調査した7人のアナリスト平均予想の16%を上回った。 東京に本拠を置く自動車メーカーの利益は、クライスラー・グループを上回る米国売上高で第4位にランクされた。 Autodataによると、これは2011年4月以降には起こらなかった。
日産の売上高は今月、過去最高を更新した。 横浜を本拠とする同社の中型車「アルティマ」の出荷台数は11%増加し、「パスファインダー」SUVは3倍以上に増加した。

-トヨタグループ

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.