TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ、改良版ハリアーを発表

投稿日:

トヨタ自動車 若い顧客を引きつけるために、新しいデザインとより良い燃費を特集した、高級クロスオーバー車「ハリエ」の最新バージョンを発表した。

海外市場ではレクサスRXとして知られるハリアーは、10年ぶりに全面改装されました。 トヨタは12月2日にガソリン車、1月15日にハイブリッド車を投入する計画。

2.5リットルのガソリンエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたハイブリッド車は、スポーツユーティリティービークルの特徴であるパワーを保ちながら、21.8km/Lの低燃費を実現し、クラストップレベルの環境性能を実現しました。 月間販売台数目標は2,500台、定価は¥272万台から¥447万台となっている。
「高級なモデルだが、若者が手に負えないように開発した」と、最新のハリエ社のチーフエンジニア、有本誠氏は東京での記者会見で語った。 トヨタ氏によると、ハリアーは特に若い世代に人気があるという。
また、日本での自動車保有を希望する若者が減少していることを踏まえ、自動車購入意欲を喚起することで、自動車市場の活性化を図りたいと述べた。

日本国内でのみ販売される新型ハリエは、従来品よりも外装面積が短く、内装スペースも多くなっています。 また、衝突を防ぐ最新の安全システムも備えています。

中国電池提携

トヨタ自動車 同日、中国でハイブリッド車用バッテリーを製造するための合弁会社を設立したと発表した。 環境に優しい車の需要拡大に対応するため、2015年頃に現地生産のハイブリッド車を発売することを目指している。

シノギ・トヨタ・オートモーティブ・エナジー・システム社(資本金975万ドル) 江蘇省常州では、現地の投資会社である常州新興ベンチャーキャピタルが50%、トヨタ、現地法人、トヨタの関連会社であるPrimearth EV Energy Co.が50%を所有しています。 トヨタによると、この工場の生産能力は年間11万台になるという。 合弁会社は、約70名の従業員を雇用し、2015年に操業を開始する予定である。
自動車メーカーによると、組み立てられたバッテリーは、2015年頃に中国での車両搭載を目指してトヨタが開発しているハイブリッドシステムの主要部品となる見込みだという。 この新型ハイブリッド車は、現地の合弁会社である中国第一汽車集団公司と共同で生産・販売する。 広州汽車集団公司
また、中国における生産の現地化の一環として、トヨタ自動車エンジニアリング&マニュファクチャリング(中国)有限公司の研究開発拠点を拡充したと発表した。 長州で

-トヨタ自動車
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2019 All Rights Reserved.