TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ、新興市場をターゲットに、売り上げ拡大を目指す

投稿日:

ナゴヤ-トヨタ自動車(株) 同社幹部によると、新興市場での販売台数は2012年の370万台から将来的には500万台に拡大する見通しだという。 同社の世界販売台数は過去最高の1,000万台に達するとの見通しを示した。

平成25年6月2日

トヨタは、現地生産をベースに中国を含む新興国での事業強化・収益力強化を目指し、新興国事業担当執行副社長の井原安森氏に、ミャンマーなどの新規市場への進出も視野に入れていると語った。
「買い手の大半が買い替えバイヤーである北米、欧州、日本と比較すると、新興国市場では初めてのバイヤーが大半を占めています」と伊原氏は言う。 「今後の成長はここにある」と述べた。

トヨタをはじめとする外資系自動車メーカーは、新興国で成長を遂げています。新興国では、初めて自動車を買えるほどの豊かさを求める消費者が増えています。 日産自動車 インドでは、新興市場向けの予算ブランドとしてマークを復活させた後、今月初めてダツン・モデルを発売する。
トヨタグループの2012年の販売台数は、前年比22.6%増の約975万台となり、2011年に世界の販売台数ベースでトップの座を回復しました。 先進国でトヨタの事業を統括する小沢佐藤氏は、日本での国内生産台数を年間300万台に維持する計画だと繰り返し述べた。
安倍総理の経済政策について、小平副社長は、円安が「良好な」ビジネス環境を生み出していると述べました。 トヨタは、より具体的ではないが、2013年度の世界の売上高と生産高の見通しを見直していると小平氏は述べた。

新車販売台数16%減

日本軽自動車協会(JMVA)によると、6月の新車販売台数は前年同月比15.8%減の26万6913台だった。 自動車販売台数は前期比17.5%減の23万3176台、トラック販売台数は前期比1.1%減の32,963台となりました。
エンジン排気量660ccまでの新型軽自動車の販売台数は183,915台で、当月は2.3%減少しました。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.