TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

スバル トヨタ自動車 日産自動車

トヨタ、日産、スバルの米国での販売が好調

投稿日:

ニューヨーク-トヨタ自動車 日産自動車(株)と 11月の米国での新車販売台数は2ケタ増となり、市場全体の成長を上回りました。一方、本田技研工業(NYSE:HONDA)も2ケタ増収となりました。 米自動車大手オートデータ(Nasdaq:AUTODATA)のデータによると、わずかながら減少した。

スポーツ・ユーティリティー・ビークルは、米国経済が順調に拡大し、販売が好調に推移したことから、販売店の新車販売台数は125万台となり、前年同月比8.9%増となり、2003年11月以来の好調を記録しました。 また、同月に営業日を追加したことで、総額が増加しました。 トヨタ幹部は「11月28日の感謝祭の売り上げは前年同月比で大幅に伸びた」と述べた。

全体の販売台数は、季節調整後の年率換算で1,641万台となり、2007年2月以来の高水準となっています。 7カ月目に1,500万人の境界線を越えることができた。 主要SUV「RAV4」の堅調な需要により、売上高は前期比10.1%増の17万8,044台となりました。 トヨタは、ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)に次ぐ売上高第3位。 フォード・モーター(NYSE:F)

主力の中型車「アルティマ」をはじめ、106,528台(前期比10.7%増)となりました。 一方、米国ホンダの販売台数は前期比0.1%減の11万6,507台と5位となりました。

スバルのブランドで知られる富士重工業(株)は、小規模メーカーの中で29.8%増の36,621台となりました。 マツダ 売上高は前期比4.3%減の20,754百万円となりました。 GM、フォード、クライスラー4位のLLCはいずれも、SUVの好調と需要増のため、今月の売り上げが伸びた。

GMの売上高は前年同期比13.7%増の21万2060台となった。 フォードは7.1%増の18万9705人だった。 クライスラーの売上高は17%増の13万9200台だった。

-スバル, トヨタ自動車, 日産自動車
-, ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2019 All Rights Reserved.