TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 日産自動車

トヨタ、日産は6月に米国での自動車販売が順調に推移し、夏を迎える。

投稿日:

トヨタ自動車 日産自動車(株)と 米国では、本田技研工業(株)の売り上げが伸びたものの、6月の売り上げは伸び悩んだ。 米オートデータ(Nasdaq:AUT)の統計によると、ほぼ6%減少した。

 

販売日数が前年より2日少なかったことから、この業界の数字は下がった。特にここ数カ月の好調な成長が続いた後の数字は下がった。 しかし、堅調な消費者需要はアナリストの予想を上回り、夏の繁忙期の始まりを後押しした。

 

6月の軽自動車販売台数は142万台で、前年比1.2%増となり、4カ月連続で年々増加を続けた。 また、季節調整後の年間販売台数は1,698万台となり、2006年7月以来の最高を記録したと発表した。

 

当第2四半期連結累計期間の販売台数は816万台(前年同期比4.3%増)となり、前年同期の約825万台を上回りました。 この結果は、1-3月期に異常な寒波が発生したため、売り上げが伸び悩んだ回復基調にあることを示唆している。

Hondaを除く日系自動車メーカーは、年半ばの堅調な伸びを記録しました。 売上高は、トヨタが前期比5.1%増の117万台、日産が同12.8%増の704,477台となりました。 Hondaの売上高は739,436百万円(前期比0.8%減)となりました。 6月だけでも201,714台(前期比3.3%増)となり、No.1となりました。 3スポット。 同社によると、カムリとカローラの主要セダンは2ケタ増収、ラグジュアリー・レクサスは約10%増収となった。

「カレンダーが5月の自動車業界の売り上げに影響を及ぼしたのと同様に、6月の業績にも影響を及ぼした。週末は1日減り、販売日は2日減った。 こうした課題にもかかわらず、トヨタグループのビル・フェイ副社長は、月例セールス・コールの中で、この業界は素晴らしい月だったと語った。 Hondaの販売台数は12万9,023台となり、前期比5.8%減となりました。 主力の「アコード」、「シビックセダン」、「CR-Vスポーツ・ユーティリティー・ビークル」が好調に推移しました。

米国ホンダのジェフ・コンラッド上級副社長は、「6月のペースは緩和されたものの、業界全体の売り上げは依然として堅調に推移している」とプレスリリースで語った。 「当社の主力製品は引き続き堅調」で、日産は5.3%増の10万9,643台を販売し、当月は過去最高を記録しました。 「セントラセダン」と「ベルササブコンパクト」は2ケタ増収、「アルティマセダン」は2.9%減収となった。 スバルの自動車メーカーである富士重工業(株)の販売台数は、前期比5.4%増の41,367台となりました。

米自動車大手3社のうち、ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM) 販売台数は26万7,461台(前年比1%増)となり、国内最大のメーカーとなった。 GMによると、民間顧客向けの売上高は8カ月連続で伸長し、2007年以来6月の好業績を記録した。 営業担当副社長、カート・マクニール氏はプレスリリースで、「商業用・小規模企業の顧客は今年後半に好調な業績を見込んでおり、需要に対応するために船隊を整備していることは明らかだ」と述べた。

フォード・モーターだが 同月の販売台数は前年同月比5.8%減少し、22万1396台が米国市場第2位となった。 ほとんどの車種で減収となったが、今月は中型車「フュージョン」や小型車「トランジットコネクト」が好調だったと発表した。

フォード幹部のジョン・フェリース氏は「フュージョンとトランジット・コネクトはいずれも6月に過去最高を更新し、売り上げの伸びを続けている」と述べた。

 

クライスラー・グループの販売台数は前年同期比9.2%増の16万6608台となった。 自動車メーカーのジープ・ブランドSUVの売上高は前年同期比28%増となり、51カ月連続の増収となった。

-トヨタ自動車, 日産自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.