TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ、現金の山が工場を呼び寄せる

投稿日:

トヨタ自動車 豊田 章男社長は、約4兆¥の資金を蓄積しており、その資金をより有効に活用することが求められている。 世界最大の自動車メーカーは、円安と米国・中国での需要増に伴い、増益となっている。

機関投資家誌「Takaki Nakanishi」は、国内トップクラスの自動車アナリストから「株主還元や設備投資を増やすべき」との声が聞かれました。 オプションには、配当支払いの増加、自社株買い、生産能力が逼迫している北米や中国などの市場での工場建設などがある。

「資本効率は、トヨタの抜本的な改善ほど急速には改善されていません」と、中西総合研究所(東京)の創設者である中西氏は言う。 「私は幸せではありませんが、それがトヨタのやり方です」。

 

トヨタは、当期純利益の30%を配当として支払うことを目標としており、本田技研工業(株)よりも低い配当性向を目指している。 昨年度は既存工場の効率化に注力し、2015年まで新工場を建設しない方針。 トヨタの広報担当者、シノ・ヤマダ氏は「われわれの生産に対する基本的なアプローチは、需要のある車をつくることだ」と述べた。 「この考え方に基づき、既存の工場・設備の有効活用と生産性の最大化に取り組んでいます。」

その代わりに、昨年度末の¥4兆6,000億円から、負債を差し引いた「ネットキャッシュ」を6兆円¥する計画です。

 

トヨタの支出躊躇の背景には、2009年3月期に過去最高の赤字を計上したことや、意図せざる加速に関連した数百万台のリコールなど、厳しい時期の記憶があります。これは、豊田自動織機が過度に拡大したことが一因となっています。

 

クレディ・スイス・グループ(東京)のアナリスト、イスセイ・タカハシ氏によると、同社は2012年1月以降、新車工場を発表していないが、生産能力は年間約950万台だという。 しかし、生産量はシフトや労働時間の増加によって生産能力を上回る可能性がある。 トヨタ最大の市場である北米では、高橋の推定生産能力が最も厳しい。 工場が広がっているため、富士重工業の工場でカムリセダンの一部を生産しています。

これとは対照的に、フォルクスワーゲンは先月、デトロイトの自動車部門で、北米で向こう5年間に70億ドル以上を支出すると発表した。 ドイツは、2018年までに「名酒」と「アウディ」の販売台数を100万台に増やすことを目指している。2018年には、世界のトップセラーメーカーになることを目標に掲げている。

中国では2014年に110万台を超える販売台数を見込んでいるが、2015年には年間99万台の生産能力増強を計画していることを明らかにしている。 トヨタは昨年、尖閣問題を契機とした消費者の反発から回復し、世界最大の自動車市場で過去最高の売上を記録しました。

アトランティス・インベストメント・リサーチのエドウィン・マーナー社長は「早急に判断しなければならない」と述べた。 東京では、中国におけるトヨタの能力について言及した。 「もしそうしなければ、彼らは市場シェアを失うだろう。 マーケットシェアを失うことはできない」と述べた。

 

そのリスクの一つは、先般の靖国神社参拝のように、日本の自動車メーカーと同様、トヨタも地政学的な緊張にさらされていることです。 2012年、中国の消費者は尖閣諸島をめぐる紛争を理由に日本製品を避け、トヨタの売上高は4.9%減少したが、ゼネラル・モーターズ社の売上高は減少した。 現代自動車に 配送量の増加

「単に中国から離れることはできない」と千葉銀アセット・マネジメント(株)の大倉義弘部長は言う。 東京都内 「GM、VWは、政治的な逆風と生産能力の増大によって妨げられない。 トヨタも積極的でなければならないだろう」と述べた。

 

VWは、2016年までに190億ドルを中国に投資する計画を明らかにしており、旧シルクロード沿いの新江極西部に新工場を建設している。 GMは、2013年から2016年までに中国に少なくとも110億ドルを投資し、4つの組立工場を増設し、500万台の生産能力を増強すると見込んでいる。 高級車セグメントでは、トヨタのレクサスは中国では自動車を製造していない唯一の主要ブランドである。 キャデラック、ボルボ・カーズ、インフィニティ、アキュラなど、さらに小規模なマークが中国で製造される予定である。

また、高木証券(株)の由崎佐藤氏にとって、将来の成長に向けた投資は、株主への現金還元よりも優れていることが多い。

 

「投資家に利益を還元したり、将来の投資のために適切な水準の現金を維持したりする方が良いのでしょうか」と油崎氏は言う。 トヨタは「自らが将来の成長を保証できるプロジェクトに賢く投資することを好む」とし、昨年度の利益の20%を配当として還元した(日産自動車(株)は28%)。 Hondaの35%を占めています。

ただ、増益に伴い配当性向は上昇しており、1株当たり中間配当金は前期の2倍以上の¥65となった。 クレディ・スイスの高橋氏によると、この傾向は今後も続く見通しだという。 「どのような形態であれ、投資家に現金を還元すべきである」と述べた。

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.