TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ トヨタ自動車

トヨタが探し求めているスリムなアウトプットとは

投稿日:

NAGOYA - 2008年の世界経済危機以降の一連の苦境から教訓を引き出したトヨタ自動車(株) 海外競争の激化に伴い、世界的な生産コストの低減と設計競争力の強化に注力しています。 「リーマンショック後、やっと長いトンネルを抜け出そうとしています」と同社社長の豊田昭男氏は、グループ内の研修機関であるトヨタ技能アカデミーの2月の卒業生約230名に語った。
しかし、2012年の新車販売台数では世界トップの地位を獲得した後も、当社は自己満足を繰り返し警告しています。 2008年、トヨタはようやくゼネラル・モーターズを抜いた。 初めて世界トップクラスの販売を目指しています。 その支配は短命だった。
リーマンショックを契機とした世界的な景気減速の影響を受け、売上高は大幅に減少しました。 その年の後半 2009年6月に大統領に就任して間もなく、米国での大規模なリコールに対応しなければならなかった。

その会社の苦労は自然災害に悩まされた。 2011年3月の地震・津波は東北地方を壊滅させ、サプライチェーンを崩壊させた。また、3カ月後にタイで大規模な洪水が発生し、部品サプライヤーが深刻な被害を受け、生産量の削減が長期化した。 日本の自動車産業は、2012年も厳しい経営環境が続きました。 また、対ドルでの円高は、主権紛争に端を発した政治デモやそれに伴う中国における日本製品のボイコットに加えて、トヨタの事業をさらに圧迫する結果となりました。
しかし、自動車メーカーのダイハツ工業(株)をはじめとするトヨタグループは、 また、日野自動車(株)は、北米・アジアでの販売拡大を背景に、2012年の世界販売台数は過去最高の975万台となりました。 自宅では、岩手県の被災地で作られたアクアコンパクトハイブリッド車が好調に推移しました。
当社は、GMやドイツのフォルクスワーゲン社(中国、南米)が抱える課題に対して、市場環境の変化に対応し、持続的な成長を可能にするために、継続的な改善策を講じることが重要であると考えています。 韓国現代自動車 また、欧州メーカーのデザイナーを募集するなどの戦略にも追いついている。
豊田氏によると、トヨタは、品質と収益性を改善するために、過去最高の売上記録を「失うことなく」努力を惜しまないという。

現在、自動車メーカーは、比較的少数の車両を効率的に製造することを可能にする先進技術の採用に努めている。 固定費抑制のため、需要変動に対応したサイズ調整が可能な組立ラインを開発した。 このようなラインは、すでに米国のいくつかの工場で稼動している。
リーマン・ショックが世界的な自動車市場を襲った際、トヨタは生産量の減少に伴う固定費の負担増を背景に、積極的な生産ラインの増強を行いました。

新興市場での拡販を進めているものの、タイ、インドネシアを除き、今後3年間はプラント新設を計画していない。 一方、同社は「固定費抑制のために既存の工場・設備を最大限に活用する」ことを目指している、と同社の一治隆彦専務理事は最近語った。
商品開発では、新型車で車外デザインを重視する動きが見られます。

また、12月には、保守的な顧客や企業ユーザーをターゲットとした長期モデル「クラウンセダン」を本格的にリニューアルしました。 日本市場を中心に販売されているセダンは、前機種に比べてフロントグリルが大きいことから、「トヨタが生まれ変わったシンボル」と評価されています。
トヨタは、モデルの保守的なイメージを変えていきたいと考え、ピンクなどの色でモデルを提供しています。

「トヨタ車には人格がないと言われている。 競合他社は、強い車両デザインを持っている。 デザインチーフの福一徳雄氏は、人々の目をとらえるフロントセクションのデザインを一番特徴的なものにしたいと言う。 ドイツで開催された「24時間ニューバーグライン耐久レース」にドライバーとして参加した豊田氏は、新型車開発で積極的な役割を果たす予定である。
「私たちはより良く、より魅力的なクルマを作ります。 日本人はそれができる。 「世界市場での挑戦を続けたい」と豊田氏は言う。

トヨタで期間工から正社員になるまでの道

-トヨタグループ, トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.