TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタによれば、完全電気化の未来はまだ遠くにあるという

投稿日:

ワシントン-トヨタの内山田竹志会長は、プリウスハイブリッドの先駆的な取り組みを世界最大の自動車会社のトップに引き継いだ。

しかし、電気自動車技術への期待が高まる中で、それは彼が熱狂的であることを意味するものではない。 バッテリーの寿命と性能を向上させるための技術的障壁は現実的であり、消滅の危機にさらされていない、と同氏は月曜日のインタビューで述べた。

「まだ答えはありません。 内山田氏は、ワシントンのエコノミック・クラブで演説した後、「答えが出ないかもしれない」と語った。 「電気自動車の時代を見るには、2つのブレークスルーが必要だ」と同氏は語った。1つは、自動車が充電で走れる距離を増やし、もう1つは充電時間を減らすことだ。
現在の内燃機関車に取って代わることのできる、手ごろな価格の車が広く普及した日は、ずっと遠い時期になるかもしれない。

内山田氏によると、トヨタは早ければ2015年にも水素燃料電池を搭載した車を投入する計画だという。 しかし、その射程は500km程度に制限されており、当初の売り上げはカリフォルニア州のように、充電ステーションが利用できる市場に限られていると考えられている。 また、2020年の完成を目指した次世代バッテリーの開発にも取り組んでおり、ハイブリッド車の高効率化や充電距離数十キロメートルを超えた充電範囲の拡大を目指している。
しかし、それでもトレードオフが必要である。 例えば、完全に電気的に使用するためには、自動車メーカーは、より強力なバッテリーと充電に要する時間の長さとのバランスをとり、より良い技術の利点を改善された性能またはコスト削減に回すかどうかを選択しなければならない。 基本的な制約が解消され、技術がより多くの電力と高速充電を提供するより安価な方法を提供するまでは、近日の改良は革命よりも進化の兆しを示すかもしれない。
だからといって、それほど大きなものではないというわけではない。

1990年代にプリウスを開発したチームと協力した物理学者の内山田氏は、このグループが達成可能な成果を過小評価していると述べた。 燃費を50%向上させた。 その代わり、チームは2倍以上になった。
プリウスをはじめとするハイブリッド車は現在、トヨタの主力製品となっており、内山田氏は今後5年間で同社の米国内売上高の半分以上を占めると予想している。

また、テスラなどの高級電気自動車メーカーは、価格が高すぎてガソリンに取って代わることができないため、事業上の課題はないと述べた。 また、無人乗用車やネットワーク化された高速道路が、間もなく乗り継がれると確信しているわけでもない。
トヨタは、レーダーシステムや物体認識などのコンセプトを使って、新しい安全機能を車両に追加していると述べたが、自動車同士が互いに話し合い、その動きを調整する技術は証明されていない。 内山田氏は、「シャンパンを飲んで楽しむことができれば、最終的には人間をコントロールする必要がある」と希望するが、

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.