TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 本田技研工業

トヨタに挑戦する「プリウスキラー」として設計されたホンダフィット

投稿日:

本田技研工業(株) ハイブリッドはプリウス以上の意味をもつということを世界に思い出させたい。

日本3位の自動車メーカーは先月、トヨタ自動車(NYSE:TM)の低燃費車販売における世界的な優位性を引き継ぐハイブリッド車を含む、フィット・コンパクトの新バージョンを自宅で発売した。

Hondaによると、フィットハイブリッドは、トヨタアクアよりも燃費が良く、コストも安いという。 プリウスは米国でプリウスと呼ばれている。 最初の4週間で、売り上げと前倒し注文は6万2000台に達した。 これはHondaの予測の4倍で、その約70%がハイブリッド車だった。 IHSオートモーティブのアナリスト、川野義昭氏は「フィットハイブリッドはアクアキラーかもしれない」と述べた。 「Hondaは、アクアの売り上げに非常に近づいたり、追い越したりする可能性がある」と述べた。
それは行く道がある。 トヨタは今年1-8月期に18万2135アクアスを販売し、日本自動車ディーラー協会のデータによると、フィットの出荷台数の2倍以上を占めた。 古いフィットはその時代のほとんどが売られていた。

ハイブリッド車がガソリン車を上回る唯一の主要市場で、日本でのトヨタのリーダーシップを切ることは、Hondaの新技術のイメージを燃やすだけでなく、Hondaの「カムリー・フォー・ザ・ナンバー」への挑戦に弾みをつけることになります。 米国1スロット

トヨタのプリウスが日本で発売されてから2年が経過した1999年に初めてハイブリッド車を発売して以来、Hondaは追いつきませんでした。 Hondaは、Insightハイブリッド車で米国に先駆けて登場したが、トヨタの第2世代プリウスは、米国人の想像力を引き出す車となった。 Hondaは昨年、トヨタの120万台に比べ、231,440台のハイブリッド車を世界中で販売しました。 トヨタの「プリウス」と「アクア」は、「フィット」に続き、日本で最も売れているモデルです。
マコーリー・グループの東京在住アナリスト、クライブ・ウィギンズ氏によると、ホンダは、電気とガソリンを常に組み合わせた自動車を運転するために、よりシンプルで小型のシステムに固執したため、失敗したという。 トヨタは、バッテリーとガソリンエンジンを交互に使用するハイブリッド技術を開発し、燃費を向上させました。
変革とは、Hondaの新型車が適応し、正面から競争できることを意味する。 米国環境保護庁は、今月アメリカのショールームに展開する「Honda Accord」をガソリン1ガロン76キロ(20キロ/リットル)の都市と高速道路を組み合わせた走行を可能にすると評価している。 フォード・モーター(NYSE:F)の「フュージョン」は、中型セダンのなかで最高水準となる。
カムリのハイブリッドは1リットル当たり17.4km、プリウスとプリウスcは1リットル当たり21.3kmと評価されている。

米国でハイブリッド車を導入したトヨタに挑戦することで、Hondaは長年求められてきた景気回復に一歩近づくことになるだろう。 アコードは、10年以上前に米国でキャンリーを上回りました。 2013年の販売台数は28万2102台と、カムリーの31万8990台との格差は縮小した。 日本では、改良されたフィットは、おそらく最初の通年で約20万台の納入を記録するだろうと、東京のBNPパリバの自動車アナリスト、杉本幸一氏は言う。
Hondaのスモールカーが日本の月足チャートを上回ったのは、アクアが登場する前の2011年5月だった。

ゴールドマン・サックス・グループの自動車アナリスト、コタ・ユザワ氏は「これは長い間待ち望まれていたリリースであり、新興国を対象とした世界初のモデルだ」と述べた。 東京都内 Bloombergが追跡したアナリスト平均予想によれば、Hondaの株価は来年27%上昇する可能性があるという。「これはHondaの株価にとって非常に重要なモデルだ」 Hondaの株式を売却する投資家は23人に1人しかいない。
Hondaは、2009年4月に日本で初めてガソリン専用車を上回るハイブリッド車となった「Insight」を発売し、飛躍的な成長を遂げています。 ホンダフィットはいいえだった。 2. トヨタのプリウスは21時に遅れをとった。 5月には、プリウスがトップとなり、2011年末のアクア発売までフィットとのリーダーシップをとり続けた結果、Hondaは3位となりました。
ゴールドマンの湯沢氏は、ホンダが戦術を転換し、価格競争力を確保するために収益性を犠牲にしたことを示した、と語った。 低価格のハイブリッド車は、低燃費のセミオートマチックトランスミッションとリチウムイオンバッテリーを備えていても、国内¥163万台とアクアの基準価格の3%を下回りました。
「技術面では、トヨタと戦う用意がある」と湯沢氏は言う。 「本当にいいえ。 1. トヨタはおそらく、アクアの燃費改善や価格引き下げで反撃するだろう、と湯沢氏は言う。
トヨタは常に効率化を追求していると、広報担当者の橋本塩典氏は述べた。 彼女は具体的な計画についてコメントを控えた。

フィットの今井隆氏はインタビューで、「次のアクアでは確実に燃費が良くなり、さらに良くならなければならなくなるだろう」と述べた。 「この戦争は決して終わることはない」と述べた。

-トヨタ自動車, 本田技研工業
-, , , ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.