TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ

トヨタの「レクサス」は、米国から新興国への順調な進出を見込んでいる

投稿日:

ロサンゼルス-トヨタ自動車(NYSE:TM)の「レクサス・ラグジュアリー」は、最大の市場である米国、中国・ベトナム、ブラジル、ペルーの新興市場で成長を続け、今後30年間で年率10%の成長を目指している。 同部門のマーク・テンプリン執行副社長は6日、デトロイトでのインタビューで、「私は、きちんとした秩序だった成長を目指している」と述べた。 「まずはブランドを確立したい。 これが正しければ、出荷数量はそれに続くだろう」と述べた。 レクサスは、新興国市場が同部門の全世界での出荷量の米国内シェアを低下させているにもかかわらず、最大の出荷数量の増加は米国からもたらされるとみている。

同部門のジェフ・ブラッケン最高経営責任者(CEO)は13日、ドイツの競合他社が3万ドル以下の新型車を投入する競争に追随するのではなく、高価格車を投入することで米国内の販売を拡大すると述べた。

 

ブラッケン氏はデトロイトで開催された北米国際自動車ショーでのインタビューで、レクサスの配送は、11年ぶりにBMWやメルセデス・ベンツに遅れをとるまでの11年間で、今年は6%増の約29万件になると述べた。

月曜日のイベントでは、450馬力を超えるエンジンを搭載したラグジュアリークーペ「RC F」のパフォーマンスカーを紹介しました。 同社は価格を明らかにしていないが、レクサスの「ハロー」モデルには、さらに多くのニーズがあるとBracken氏は述べた。 レクサスの最も安価なモデルは、約3万2000ドルから始まるCTハイブリッドで、「それを下回ることはない」とBracken氏は述べた。

レクサスはすぐにはラグジュアリー・リードを取り戻すことはできないかもしれないが、2012年以降、米ドルに対して円安が進み、日本から輸入するモデルの収益性が向上し、米国での事業見通しは改善しているとテンプリン氏は言う。 同社はカナダでSUVを製造しているが、今後も日本で主要製品を製造していく方針だ、と同氏は述べた。

メルセデス・ベンツCLA(2万9900ドル)などのエントリー・レベルの車両は昨年、ダイムラー・ブランドの14%の成長に貢献した。また、フォルクスワーゲンのアウディ部門は今年、CLAの価格に見合ったA3セダンを投入する計画だ。 6万3600ドルのISFセダンに代わるRCFは今年後半に到着する。 ブラッケン氏によると、この車は「これまでに開発されたV-8パフォーマンス・カーの中で最もパワフルなもの」となるエンジンを搭載しているという。

拡大に向けたアイシン精機

トヨタ自動車(株)の自動車部品メーカーであるアイシン精機(株) 最大の顧客である同社は、電子部品メーカーとの部品開発のための買収や提携を検討している。

 

同社の藤森文雄社長は、アイシン精機が本拠を置く愛知県刈谷市でのインタビューで、「自分ではすべてを開発することはできない」と語った。 部品メーカーの一部をトヨタが所有している。

トヨタは昨年、衝突を避けるために車同士が通信できるシステムを約2年後に導入すると発表した。 自動車メーカーにとっては、自走式のシステムや新機能が次なる大きなトレンドとなっていることから、部品メーカーはそのような車両の供給に力を入れています。 フジモリ氏は1月8日、「われわれは、自動車の使いやすさと快適性を向上させるために、エレクトロニクス業界の企業に目を向けている」と述べた。

アイシン精機が買収・提携しようとしている企業の詳細は明らかにしていない。

トヨタ最大の自動車メーカーであるデンソー(株)とシャープ(株)が提携 昨年は家電技術を活用した技術開発

トランスミッションを手掛けるアイシン精機も同様の提携を検討する可能性があると藤森氏は言う。 ¥1,000億ドルを超える買収は、同社にとっては「大きすぎる」と同氏は述べた。 アイシン精機は、9月現在、¥3,953億33百万円の現金及び短期投資を有しております。 Bloombergがまとめたデータによると、30人。

-トヨタグループ
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.