TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタのハイドロカーのステッカー代金:¥700万円

投稿日:

トヨタ自動車(NYSE:TM)が目指す水素の未来像は、まず¥700万台(69,000ドル)の自動車から始める。

 

これは、トヨタが発売する燃料電池車の価格だ。 世界最大の自動車メーカーは水曜日の声明で明らかにした。 カムリサイズの自動車は、来年4月までに日本の消費者向けに発売され、数カ月後には米国と欧州で発売される予定だという。

 

トヨタ自動車は、テスラ・モーターズ社のようなプラグイン・エレクトリック技術よりも燃料電池を選択し、ゼロ・エミッションに向けて歩んでいく道を示しています。 プリウスのメーカーは現代自動車に入社する。 燃料補給インフラが不足しているため、これらの車両を手ごろで使いやすいものにするという課題に直面している。

Hyundaiは今月、カリフォルニア州で月額499ドルのリース契約を結んで、水素を動力源とするTucsonクロスオーバーの提供を開始した。

 

それでも、トヨタは1996年に燃料電池自動車の開発に着手し、プリウスではガソリンエンジンを燃料電池スタックと交換することでハイブリッド技術を利用した。

 

燃料電池車は、テスラの7万1000ドルモデルSのように、電気モーターによって完全に推進されているが、エネルギーを蓄えるために電源コンセントに差し込む必要はない。 その代わりに、水素ガスはプラスチック膜と白金粉砕板の積み重ねを通って電気を発生させる。 高圧タンクと同様に、貴金属が必要なため、煙突は依然として高価である。

テスラのエロン・マスク会長(42)は、電気自動車RAV4の供給業者としてトヨタと提携したにもかかわらず、燃料電池自動車が電気自動車より劣っていると批判している。 「おそらくよく知られているように、私は燃料電池の最大のファンではない。私は通常、燃料電池を「愚かな電池」と呼んでいる」と、Musk氏は今月テスラの年次総会で語った。

排出ガスの低減を進める背景には、規制の強化があります。 米国では、2017年に温室効果ガスの排出規制が強化され、自動車メーカーは2025年までに車両の平均燃費を54.5マイル/ガロン(100km当たり4.3リットル)に倍増させることが求められる。 その結果、数十台の新型ハイブリッド車、プラグイン、電気自動車、省燃費型ガソリンエンジンを搭載したモデルが生産されるようになった。

今月、国は、燃料電池自動車の普及を支援し、2030年までに¥1兆円の収入を生み出す産業を育成するためのロードマップを発表しました。 政府は、補助金を受けて、2025年までに燃料電池車の価格を約200万¥(2万ドル未満)に引き下げることを目指している。

 

燃料電池自動車の消費者への採用は、インフラにも左右される可能性がある。 カリフォルニア州は、燃料電池車用水素を販売する28の新設ステーションに約4700万ドルを提供する計画。 トヨタの北米支配人ジム・レンツ氏は先月、インタビューで、これらの局は、開発中の16局と既に稼動中の10局を合わせると、少なくとも1万台の車両をサポートするのに十分であると述べた。

トヨタはまた、カリフォルニア州の新興企業に少なくとも720万ドルを水素ステーションの運営に提供している。 燃料電池自動車は、ガソリン車と競合しているため、多くの消費者にとって、バッテリーのみの車と比べてゼロ・エミッション・オプションのほうが容易だと指摘している。

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.