TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタの水素を利用した車「みらい」を国内で発売

投稿日:

トヨタ自動車 月曜日には、世界で初めて水素自動車の販売を開始し、日本の消費者に環境にやさしい「みらい」モデルを提供しました。 燃料電池車は、今年初めに発表されたが、来年夏頃には欧米市場を襲う。
4ドア・セダンは、¥202万ドル相当の国庫補助金を除き、¥7,236,000価格である。

トヨタは、2015年末までに700台を生産し、国内では400台を販売する計画です。 ただ、需要が好調な中、増産も視野に入れている。

「未来」を意味する「みらい」は、トヨタ独自の新型燃料電池スタックや高圧水素タンクなど、燃料電池技術とハイブリッド技術を併せ持っています。

世界最大の自動車メーカーは、プリウスハイブリッド車の成功を再現するイノベーションの始まりとして「みらい」を宣伝し、広く普及している最初の燃料電池車が水素技術の人気を高めることを期待している。 未来は650kmの水素タンクで走ることができる。 トヨタは「究極のエコカー」と呼び、水素燃料と酸素を空気中で混合して発電し、熱と水だけを排出する「究極のエコカー」と呼んでいます。
生産のペースが比較的緩やかであることは、燃料電池自動車の普及に不可欠なインフラストラクチャーである高コストと限られた数の水素ステーションのために、燃料電池自動車を大量市場で実現可能な選択肢とする上で、トヨタとライバルが直面している困難さを浮き彫りにしている。 トヨタは、水素ステーションの建設が見込まれる東京、名古屋、大阪、福岡を中心に「みらい」を販売します。

トヨタ自動車、期間工3年満了で正社員採用制度を再開

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.