TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタの水素自動車には、¥300万ドルの割戻金が付与される可能性がある。

投稿日:

日本は、トヨタ自動車(NYSE:TM)が初めて水素を燃料とするセダンを購入する際に、¥300万台を超える可能性があるため、ゼロ・エミッション・カーに補助金を支給する基準を引き上げている。 中央・都道府県からのリベートは、1台あたり¥300万円を上回る可能性があります。

安倍総理は先週、¥200万円以上の助成を計画していると述べた。また、自動車・環境保全の専門家である堀部隆氏によると、トヨタの本拠地である愛知県は、現地での購入に約100万円の¥を提供する可能性があるという。 世界最大の債務負担を抱える日本での支援は、中国が電気自動車の購入者に提供する誘因の水準を上回る可能性がある。

トヨタは現代自動車に入社する。 本田技研工業(株)と 水素自動車のコストが高く、燃料補給インフラが不足しているという課題に直面している。

 

Jefferies Group LLCの東京在住アナリスト、Thanh Ha Pham氏は「燃料電池は、日本が市場をリードできる数少ないフロンティアの1つだ」と述べた。 安倍総理は、7月18日に福岡県を訪問した際、「新しい技術を普及させるためには政府の支援が必要だ」と述べ、燃料電池自動車用のステーションを100カ所以上設置する計画で、時間的な余裕はないと述べた。

同氏のコメントは、6月に発表された、燃料電池自動車の普及を支援し、2030年までに1兆¥の収益を生み出すと予測される産業を育成するという政府の計画に沿ったものである。 政府は、補助金を受けて、2025年までに燃料電池車の価格を約200万¥に引き下げることを目指している。 安倍政権や愛知県などからの補助金はまだ確定していない。 トヨタは先月、4月までに約700万¥で、まだ名前のついていない燃料電池車が国内で発売されると発表した。

同社のウェブサイトによると、¥300万のインセンティブを組み合わせれば、ステッカー価格を約40%引き下げ、費用を¥460万に¥360万を販売するレクサス・CTハイブリッドに合わせることができるという。 補助金は、大半の県で¥950,000補助金の対象となっている三菱自動車(株)のオール電化i-MiEVの購入者に現在提供されている割戻金の3倍以上に相当する。

世界最大の自動車市場を抱える中国では、中央政府は、技術のリーダーシップを獲得し、汚染を削減し、エネルギー依存度を低減するためのより広範な計画の一環として、電気自動車への支援を強化している。 過去1カ月間、中国は州の購入の少なくとも30%をEVが占めることを義務付け、9月から10%の購入税を免除することにした。 1~2017年にかけて需要を喚起。

北京では、EVの購入者は、中央政府および地方政府のリベート後のステッカー価格を最大11万4000元(18400ドル)引き下げることができ、上海の所有者は、通常の車両に約7万元の無料ライセンスプレートを発行される。 政府の支援を受けても、EVの販売は、2020年までに道路で500万台という公式目標を下回るペースで推移しており、消費者の価格、利便性、信頼性に対する懸念が補助金の誘因を上回っている。

世界最大の自動車メーカーであるトヨタは、中国やテスラ・モーターズ(NYSE:TM)などの自動車メーカーが提唱する電気自動車に比べ、ゼロ・エミッション車を導入する計画の中で、燃料電池技術に重点を置いています。 日産自動車(株)と トヨタは、水素を燃料とする自動車は、ガソリン車と競合するため、バッテリー電気自動車よりも消費者にとってより魅力的なゼロエミッションの選択肢となるだろうと述べている。

燃料電池車は、テスラの7万1000ドルモデルSのような電気モーターによって完全に推進されているが、エネルギーを蓄えるために電源コンセントに差し込む必要はない。 その代わりに、水素ガスはプラスチック膜と白金粉砕板の積み重ねを通って電気を発生させる。 高圧タンクと同様に、貴金属が必要なため、煙突は依然として高価である。

Jefferiesの推計によれば、燃料電池自動車の世界市場は、来年の推定¥340億台から2025年までに¥3.3兆台に達する可能性があり、2020年以降に大きく拡大する可能性がある。

 

米国は、電気自動車購入者に連邦政府の税額控除1台当たり7,500ドルを提供する。 加盟国はまた、追加的なインセンティブを提供する。 例えば、カリフォルニア州の買い手は、2,500ドルのリベートを受ける資格があり、地元の電力会社は割引電気を提供し、運転手は高稼働車線を使用することが許可されている。 カリフォルニア州は、燃料電池車用水素を販売する28の新設ステーションに約4700万ドルを提供する計画。 トヨタの北米部門責任者、ジム・レンツ氏は5月、開発中の16カ所とすでに稼動中の10カ所を合わせると、少なくとも1万台の車両をサポートするのに十分な数になると述べた。

ヨーロッパでは、ノルウェーは電気自動車に対して最も寛大なインセンティブを持っており、税金の軽減、公共駐車場料金、通行料金、バスレーンの利用の免除を含んでいる。 欧州自動車工業会によると、欧州連合内では、加盟27カ国のうち18カ国が、電気自動車の税制上の特典や料金の引き下げなどのスキームを提供している。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.