TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタは「スシオン」ブランドの見直しを検討

投稿日:

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米自動車大手トヨタ自動車(NYSE:TM)の「サイオン」シリーズは、ユニークなデザインと低価格で若い買い手を獲得することを目的とした米国での実験。

同社は、トヨタの3番目の米国ブランドとして、トヨタの設立から12年後の2015年から、3台目の新車を投入する予定だ。 同社のダグ・マーサ副社長(Scion Sales担当)は28日、ニューヨーク・インターナショナル・オートショーでのインタビューで述べた。 シオンは今後も約5車種を販売する予定だが、マーサは現在の製品を中止するかどうかについては言及を避けた。
Murtha氏は「11月からロサンゼルスで、24カ月以内に発売される3つの新製品のうち、最初の製品を発表する予定だ」と述べた。 「それ以外には、日没の内容や、何が続くかについて、本当の意味での詳細はない」と述べた。

2003年に米国で発売された「サイオン」の販売台数は、3年後の17万3034台をピークに急増しました。 xBワゴン、xDハッチバック、tC、FR-Sのスポーツクーペの出荷は、昨年6万8,321台にまで減少しました。 これは、ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)やフォード・モーター(NYSE:F)が販売している、時代遅れのモデル・ラインと、より競争力のある製品の結果 現代自動車(株)と
2007年に発売した「xD」や「xB」は、トヨタの米国で最も古い製品の1つであり、2012年に投入した「iQ」は、日本や欧州での販売実績を再現するものではありませんでした。 最近では、後輪駆動のFR-Sクーペが2012年に発売された。このクーペは「チューナー」を引きつけ、性能指向の顧客をScionに引き寄せている、とMurtha氏は述べた。
2015年よりマツダ(株) 「Mazda2」ハッチバックをベースに、トヨタへのサブコンパクト供給を開始します。 マーサ氏は、このモデルが米国で「サイオン」として販売されるかどうかについては言及を避けた。 「それは間違いなくシナリオだ。 「明らかに、この製品カテゴリーに属する何かがわれわれの候補になるだろう」と、彼は詳述せずに言った。
「サイオンの販売台数は2006年のピークには戻らないかもしれないが、トヨタはこのブランドを継続することを約束している」とマーサ氏は述べた。

「ちょっと待たされています」と彼は言った。 しかし、この新製品は「この実験をやめ、資源を後ろに置き、私たちが11年前に始めたことを続けるという、会社の決意」を示している。

-トヨタ自動車
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.