TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタはアマチュアラリーレースに興味

投稿日:

ナゴヤ:トヨタ自動車(株) 各地で初心者を対象としたラリーレースを開催し、より多くのファンを集め、地域経済の発展を目指しています。

トヨタテクノクラフトは、車両メンテナンスを主体としたグループ会社で、今年は長野県、群馬県で「トヨタレーシング開発レーシングチャレンジ」を3回開催し、富山県、愛知県での開催を予定しています。 トヨタの豊田明男社長は、国内外でレースをすることが多い「森園」の愛称で、3回のシリーズの全てを走ってきました。

初心者集会で使われる車はもちろん、昨年発売した86台のクーペなど、トヨタ車です。

7月27日、28日に群馬県渋川市で開催された第3回大会は、第5回日本ラリー選手権大会とあわせて、渋川自治体によると、昨年に比べ約6,000人の観客を集めました。 開催委員会の委員長である高川春夫氏は、トヨタとその社長から支持されていることのメリットは大きいと語った。

「初心者の集会の出発点が、日本ラリー選手権よりもさらに混雑していたのは驚くべきことでした」と彼は言う。 また、信川市長のあくつさだじさんも興奮しました。

「当市の若手社長は、トヨタの社長の姿と自走によって、大きな刺激を受けました」とAkutsu氏は言う。 渋川では、ファンたちが豊田を見に集まり、多くの人が彼に写真撮影を依頼した。

集会では、公道を走り回るのではなく、あらかじめ設定された目的地に到達するために、公道を走るクルマレースが行われ、観客は、コースの様々な段階で、クルマを自分たちのように見ていることができる。 第4回は富山県で日曜日、第5回は愛知県で10月27日に開催されます。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.