TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ 自動車業界

トヨタは過去最高のグループ営業利益を記録する見通し

投稿日:

トヨタ自動車(株) 輸出競争力強化のため、円安の影響もあり、今期は過去最高の営業利益を計上する見通しだ、との見通しを明らかにした。

 

同社の通期営業利益は、2008年に発生した世界的な金融危機以前の2007年度の¥2.27兆円を上回る2.40兆円(¥2.50兆円)を¥する可能性が高い。 ドルは、同社の想定年¥97レートを上回る水準で推移している。 営業利益は、ドルに対して¥1下落するごとに400億¥増加する。

これは、原価低減や売上高の増加などが寄与したものとみられる。 日本最大の自動車メーカーであるトヨタの業績は好調で、景気回復にも貢献しています。

11月には、2013年度の連結営業利益見通しを¥の1兆9,400億円から¥の2兆2,000億円に引き上げ、6年ぶりに¥2兆円を突破しました。 トヨタの2013年の世界生産台数は1,012万台と過去最高を記録し、世界初の1,000万台を突破しました。

トヨタをはじめとするグループ会社の生産台数(ダイハツ工業(株)) 日野自動車(株)と 前年度比2.1%増となりました。 トヨタによると、北米、南米、欧州、アジア、オーストラリアでの生産増加は、日本での生産減少を補った以上に大きいという。

同社は、2月4日に4-12月期決算を発表する3月まで、通期の営業利益見通しを上方修正する見通しだ。 しかしながら、2015年3月期は4月の売上税引き上げにより国内売上高が減少する見通しである。

中国部品の売上増加

トヨタ自動車(株)つばきもとチェーン サプライヤーは、フォルクスワーゲンやゼネラル・モーターズなどの自動車メーカーがサプライチェーンの多様化のための受注を増やしていることから、中国の自動車部品の売上は4年で倍以上になると予測している。

 

同社は、2018年3月までに¥120億円を超える売上を見込んでいる、と同社の常務執行役員、藤原徹氏は最近のインタビューで述べた。 取締役会は早ければ今年にも中国に新工場を建設する計画を承認している、と同氏は述べた。 今期は、GM、VWを牽引役として自動車部品の売上高が60億¥に達すると見込まれる中国での事業拡大を計画しています。 世界最大の自動車メーカー1社

ドイツと米国の自動車メーカーが中国で競争しているため、部品ごとに1つのサプライヤーを持つリスクを減らすために、受注を多様化していると藤原氏は言う。 同社が本拠を置く大阪の藤原氏は「これはわれわれにとって追い風になるだろう」と語った。

Bloombergがまとめたアナリスト推計によると、3月期の純利益は25%増の93億¥となる見通し。 売上高は15%増の1,730億¥となる可能性がある。

 

VWは、中国に7つの自動車工場を増設し、生産能力を2018年までに年間400万台に増強すると発表した。 GMは2016年までに110億ドルを中国に投資し、4つの工場を増設する計画で、これにより年間生産能力は約500万台に拡大する。

 

北京のVWグループ中国の広報担当者、ラリッサ・ブラウン氏は「グローバル事業会社として、グローバルに事業を展開するサプライヤーと協力している」と述べた。 「世界的に安定した効率的なサプライヤーチェーンを確保するため、当社は、最も競争力があり、コスト効率の高いサプライヤー市場と協力し、継続的にコストを改善しています」。

トヨタを中心とする中国の日系自動車メーカーからの受注も増加すると藤原氏は言う。 中国における日本車の需要は、尖閣諸島紛争に起因する消費者の反発から回復している。

 

藤原氏によると、米国における自動車部品の売上高は、今年3月期にはおそらく175億¥に達し、2017年3月期には約15%増加するとみられる。 また、テネシー州にある同社の工場の能力増強や、向こう3年間に新工場を建設することを検討する必要があるかもしれないと述べた。 Bloombergが集計したデータによると、昨年度のTsubakimoto Chainの売上高の約17%を北米が占めています。

-トヨタグループ, 自動車業界
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.