TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 自動車業界

トヨタは過去2番目に大きなリコールを余儀なくされる

投稿日:

トヨタ自動車 リコールでは、ステアリングから座席まで、さまざまな部品に影響を与える不具合のため、世界で639万台をリコールすると発表した。

世界最大の自動車メーカーは、故障による事故や傷害は知らなかったと発表した。 この事故は、RAV4 SUVやYarisサブコンパクトを含むトヨタ車27車種で見つかった。 トヨタによると、ポンティアック・バイベや、ゼネラル・モーターズと富士重工業向けに製造したスバル・トレジアにも不具合が見つかったという。

リコールにどれだけの費用がかかるかは明らかにされておらず、トヨタのサプライヤーや製造工程に起因するものかどうかは不明だった。 トヨタは声明の中で、「このリコールのお知らせにより、お客様にご迷惑とご心配をおかけしたことを心からお詫び申し上げます」と付け加えました。 近年、大規模なリコールが頻繁に行われるようになりました。トヨタ自動車が死に至る事故につながる粘着加速器に対応するため、900万台以上の車両のリコールを余儀なくされた後、自動車メーカーが欠陥の修復を急いでいるからです。

このリコールにより、トヨタの豊田明男社長は米国議会で証言を強要され、同社の売り上げと評判に大きな打撃を与えた。その結果、先月に合意した和解金は過去最高の12億ドルに達し、さらに多くの個人訴訟が未解決となった。

 

トヨタは、ハンドルを回転させたときに破損し、衝突時にエアバッグが作動しなくなるスパイラルケーブルを取り替えるため、約350万台の車両がリコールされていると発表した。 2004年4月から2010年12月の間に生産された車の約半分は北米で生産されています。 2005年1月から2010年8月にかけて製造された322万台の3ドアモデルをリコールし、座席が衝突時に前方にスライドする可能性のあるレールを確認しています。

その他のリコールはステアリングコラムブラケット、フロントガラスワイパーモーター、エンジン始動機の故障であるとトヨタ氏は述べた。

 

2012年10月に「ヤリス」「カローラ」など743万台を回収し、パワーウインドウスイッチの不具合を解消したことで、639万台のリコールが発表された。これは、トヨタにとって、1日で最大のリコールとなる。 また、ライバルのGMが、数十人の死亡者に関連する既知のイグニッションスイッチの欠陥に何年間も対処できなかったとして、調査中だ。

同社はこの問題で160万台の車両をリコールした。 クライスラーは先週、87万台近くのスポーツ・ユーティリティー・ビークルをリコールし、ブレーキ問題を解決したと発表した。

-トヨタ自動車, 自動車業界
-, , , , , , ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.