TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタは13年に旧GMを抜いており、今年は3%の成長を見込んでいる

投稿日:

トヨタ自動車 旧式のゼネラル・モーターズ 米自動車大手フォルクスワーゲン(NYSE:VWG)は13年、米国と中国で需要が増加したことから、2014年の成長率は3.4%と2年連続で世界の自動車業界をリードするとの見通しを示した。 日野自動車(株)からの納入を含めたトヨタ全世界での販売台数 ダイハツ工業(NYSE:ダイハツ)は2.4%増の998万台だった。

GMが971万台、VWが970万台を超えたのに対し、 トヨタによると、今年の販売台数はおそらく1,032万台に増加する見込みだという。

 

トヨタの豊田明男最高経営責任者(CEO)が残った。 1位は利益を積み上げながら、GMとVWを合わせると、直近の四半期は黒字となった。 それでも、数十年のうちに最高の自動車を販売している米国の自動車メーカーが再び活発化し、米国と中国への投資を増やしている積極的なフォルクスワーゲンに直面している。

デトロイトに本拠を置くステラー・アライアンス・グループのマネジング・ディレクター、サンジェフ・バーマ氏は「競争は激化している」と述べた。 「VWはいいえ」 中国1、GMNo. 米国では1社、3社とも製品開発や新型車への投資を拡大している」と述べた。

 

昨年、トヨタが約60年ぶりに赤字を計上した後、社長に就任した豊田氏は転機を迎えました。 長年にわたり、世界的なリコール、自然災害、円高、日本製品に対する中国のボイコットなどに悩まされてきた豊田氏は、希望するものを「災害のない年」として手に入れた。 トヨタは、2009年に経営トップに就任し、新興国を中心とした明確な企業体質を打ち出し、初めて社外取締役3名を選任しました。

また、創業者の孫である豊田氏は、「わくどき」のデザインを重視した車両の見直しを進めている。

 

ゴールドマン・サックス・グループのアナリスト、コタ・ユザワ氏は「トヨタがこれまで行ってきたことは、トヨタ独自の理念に立ち返り、製品と長期目標に焦点を当てることだ」と述べた。 東京都内 「昨年は、彼の努力が実を結び始めた最初の年でした。 製品サイクルはまだ始まったばかりで、良い製品を展開し続けることができ、良い数字が得られるだろう」と語った。

競争が激化している。 トヨタは2012年にGMを約46万台牽引したが、今年は約27万台にまで落ち込んだ。

 

昨年、GMの納入台数は4%増の971万台となった。 同社は今月初めの声明で、大型トラック「マン」や「スカニア」などを含む世界全体の販売台数は5%近く増加して970万台を超えたと発表した。

 

トヨタとGMに追いつくため、VWは今月デトロイトの自動車ショーで、北米で向こう5年間に70億ドル以上を投じる計画を発表した。 同社は、2018年までに名酒とアウディブランドの販売台数を100万台に増やすことを目指している。2018年は、世界一の自動車メーカーとなることを目標に掲げている。

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.