TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ

トヨタは2015年に理学療法用ロボットを商品化

投稿日:

トヨタ自動車 2015年には、高齢者のリハビリテーションに役立つ機械の需要を取り込むために、理学療法用の「ロボット」を早期に発売する計画である。

脳卒中後の歩行が困難な人は、歩行を助けるためにこれらのマシンを脚に取り付けたり、バランス感覚を取り戻すために二輪マシン上に立ったりすることができます。

 

愛知県豊岳市の藤田保健大学と共同で開発を進めています。 このプログラムは最終段階に入り、急速な高齢化社会に対応するための製品への期待が高まっている。

 

これは、介護・ヘルスケアロボットへの自動車メーカー初の商業参入となる。 トヨタは、国内ヘルパーロボットが2020年代には自動車に次ぐコアビジネスになると考えており、リハビリテーション市場をターゲットにスタートしている。 今年は病院での臨床試験を増やし、ロボット数を10台から50台に増やす計画だ。

来年、トヨタは薬事法に基づくロボットの製造販売許可申請を行い、病院に貸与する予定です。 トヨタは、長年の自動車生産で培ったモーター制御技術を活かし、2008年から健康分野向けロボットの開発に着手しました。 まず、ウォーキングを支援するロボットと、バランスを取り戻すためのロボットを商品化する。

歩行補助ロボットは、大腿下部から患者に装着されています。 動きを検知すると、膝を最適な角度で屈曲させ、患者はモニターを見ながら歩くことができる。 通常、リハビリテーションを完了するには脳卒中患者が10週間以上かかるが、トヨタは、ロボットが「時間を半減できる」と主張している。

2輪バランストレーニングロボットは、テニスのシミュレーションゲームで患者を再ハブすることができるように、ビデオゲームスクリーンと自己バランス技術を組み合わせたものである。 患者は機械に取り付けられたボード上に立って、患者がゲームを行うために左右に移動し始めると、ロボットはバランス運動を開始する。

これはリハビリテーションを楽しくするだけでなく、わずか4~6週間で適切な歩行を始めることができることが結果から示されています。 トヨタの従業員は「このロボットはリハビリテーション期間を短縮するのに役立ち、さらなる需要に応えることができると思います」と語った。

また、高齢者の日常生活を支援し、介護事業者の様々な負担を軽減する介護ロボットの開発にも取り組んでいます。

-トヨタグループ

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.