TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ初の加速試験受賞

投稿日:

ロサンゼルス-トヨタ自動車 ロサンゼルスの陪審は、2006年にカムリを木にぶつかった66歳の女性が、道路上で制御不能に陥り、対向交通に陥ったために死亡した事故については責任を負わなかったと指摘した。

陪審は木曜日、2009年の事故の原因となったカムリの欠陥はなかったとし、車両にブレーキ・オーバーライド・システムがないのは、運転手の宇野典子がブレーキをかけようとしているときに、車両が道路の誤った側にスピードをかけて衝突したためだとする主張を退けた。 その代わり、陪審は、制御不能に陥る前に宇野のカムリに衝突した別の車両の運転手に全責任を負わせた。 ジュローズは、運転手は宇野氏の夫と息子に1000万ドルの損害賠償金を支払うべきだと述べた。
宇野裁判はカリフォルニア州裁判所で起こされた約85件の人身傷害および不正死亡訴訟のベルウェーの訴訟で、2009年と2010年に、ガスペダルやスティッキーペダルの下に詰まる可能性のあるフロアマットなど、意図しない突発的な加速問題の可能性があるため、トヨタを相手取って起こされた。
2006年のカムリは、意図しない加速問題に対するトヨタのリコールには含まれていませんでした。

トヨタの広報担当者、カーリー・シャフナー氏は声明の中で、「陪審は、2006年のカムリの設計がこの不幸な事故に寄与しなかったと結論づけ、3年以上にわたる慎重な調査の結果、問題となっている車両に何の誤りもなかったことを確認した」と述べた。
「今回の評決は、トヨタ車がブレーキオーバーライドの有無にかかわらず安全であることをさらに確認するのに役立つ重要なベンチマークになると考えています」と同氏は述べた。

カリフォルニア州以外では、トヨタは2011年にニューヨーク、6月にフィラデルフィアを含め、リコール以来陪審の評決を下した2件の傷害訴訟で勝訴した。 オクラホマシティでは、別の裁判が進行中で、1人の女性が死亡し、もう1人が負傷した。 トヨタは来月、カリフォルニア州サンタアナの連邦地裁で5回目の裁判を受けることになる。 同地裁では、約200件の死亡・負傷事件が係争中だ。 別の訴訟は、ミシガン州の州裁判所で2月に審理が開始される。
ロサンゼルスの訴訟で、トヨタの弁護士は、カムリにブレーキ・オーバーライド・システムがないことは事故の責任ではない、と主張した。 ユノがブレーキをかけようとしなかったからだ。 彼らは、糖尿病を含む宇野氏の病状が、車がストップサインを走らせているもう一方の車に衝突した後に、彼女の認知障害を経験させたと主張した。
息子のジェフリー・ウノ氏はインタビューで、「(他の運転手が支払う損害賠償について)評決には非常に満足しているが、トヨタに関する結論には失望している」と述べた。「他の事案には最善を尽くしてほしい。トヨタ車の問題点をより明確にする運がよかった、結果が出ることを期待している」とウノ氏は述べた。
原告側の弁護士、ガロ・マルディロシアン氏は、「宇野氏がもう一方の運転手から損害賠償金を受け取ったことを喜んでいる」と述べた。 原告側の弁護士は2000万ドルの損害賠償を求めていた。 トヨタは「歯の皮で逃げた」と述べた。 「(宇野さんの)死んだこのケースでは、あんなにたくさんの欠品がありました。彼女は話すことができませんでした」
同弁護士は、トヨタを相手取った別の訴訟で、これについて証言することができる原告が急速に加速したとされている、と述べた。 この事件は「はるかに簡単だ」とMardirossian氏は述べた。 運転手を代表したジョン・ダフィー氏は、ユノ家に与えられた1000万ドルの陪審に「驚いた」と述べた。
抗議するかどうか尋ねられたら、ダフィーは言った。「われわれがやらなければならないように見える」。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.