TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ自動車、自社株買いを一時停止

投稿日:

トヨタ自動車 5年ぶりに自社株買いを実施すると発表した。

 

同日発表によると、同社は6000万株(出資比率1.9%)を¥3600億ドルで買い戻す。 同社は6月までに約半分の株式を消却する。 トヨタは、東京で木曜日に¥5,731に1.96%上昇した。一方、トピックスは0.41%上昇した。

 

ジェフリーズ・グループのアナリスト、中西隆明氏(インスティテューショナル・インベスター誌は日本の自動車アナリストトップ)から、株主への利益還元や新工場への投資を求める声が寄せられた。 トヨタは、来月曜日に終了する年度について、過去最高の1兆9,000億円の利益¥を見込んでいます。

ノルドLBのアナリスト、フランク・シュウープ氏はトヨタ買収を推奨している。「現金を持っており、買い戻している金額は保守的だ」 トヨタの株価は、トピックスが11%下落したのに対し、今年は12%下落した。 同社は2009年2月に株を買い戻した。

この買い戻しは、グローバルな非営利団体であるトヨタ・モビリティ・ファウンデーション(TMF)を設立した豊田明男社長と同時期に行われたものだという。

 

JIアジア(サンディエゴ)のアナリスト、スティーブ・アッシャー氏は「これらの非営利ファンドは、非常に効果的な場合もあれば、効果がない場合もある」と述べた。 「意図は正しく、前向きである。 投資の観点からは、自社株買いの影響ははるかに大きい」と述べた。

 

創業にあたり、トヨタは他の自動車メーカーのモビリティ技術への投資に注力しています。成長する大都市、公害、グリッドロックが世界の自動車販売のピークにつながるリスクをもたらし、IHS Automotiveの推定値は今後10年以内に出てくるだろうからです。

 

フォード・モーター ビル・フォード会長兼最高経営責任者(CEO)は、2009年にフォンティナリス・パートナーズという投資会社を設立し、自転車共有サービス「ザグスター」とパークメ駐車支援ソフトを支援している。 ゼネラル・モーターズ 翌年、GMベンチャーズと呼ばれる子会社を設立し、新技術への投資を行った。

 

トヨタは3000万株を¥1割引価格で基金に売却し、基金が将来の活動に資金を提供することを計画しています。 同社は、毎年¥45億ドルに約30億¥を拠出することを明らかにし、6月の定時株主総会での承認を待っている。

トヨタは、当期純利益の30%を配当として支払うことを目標としている。 また、現金及び現金同等物、短期投資は、12月末には3兆5,700億円となり、前期末の2兆7,700億円の¥から3兆5,700億円の¥となりました。

 

バンク・オブ・アメリカ(NYSE:BAC)傘下のメリルリンチの東京在住アナリスト、Kei Nihonyanagi氏は「トヨタは伝統的に株主への利益還元を配当に頼ってきたが、こうした動きは、自社株買いも株主還元を強化するためのもう1つの選択肢とみなす可能性を示している」と報告書の中で語った。

トヨタは、既存工場の効率改善に注力するため、2015年までは新車工場を建設しない方針を明らかにしている。 ジェフリーズ・グループのアナリスト、中西氏は先月、自動車メーカーの株主還元策が同社の業績を「最も重大な牽引力」と指摘した。

中西氏は2月21日付のレポートで、「株価が上昇するまでには、さらなる円安への期待の高まり、適切な投資の伸び、本質的な製品力の強化が必要である」と述べている。

 

豊田氏(57)は、一連の危機からの回復を経て祖父が創業した会社を率いてきた。 2008年のリーマン・ショック後、世界的な景気後退により自動車需要が減退したため、トヨタは、意図しない加速に関連する問題を解決するために、今後2年間で1,000万台以上の自動車をリコールしました。

JI Asia's Usher氏は「この買い戻しの規模は、実際の買い戻しほど重要ではない」と述べた。JI Asia's Usher氏は、同社のバイ・レーティングを担当している。 「トヨタは軌道に戻り、自社株買いに支出する余裕があると確信している」と述べた。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.