TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタ販売台数は中国の伸びが鈍化

投稿日:

トヨタ自動車(NYSE:TM)は11月、中国での売り上げが急増した。 これは、日本のブランドが昨年尖閣諸島問題をめぐって直面した消費者の反発から逃れていることを示唆している。

 

同社によると、11月の中国向け配送台数は41%増の8万9800台、11カ月分は80万9000台となった。 カムリは今月、18%下落することなく、今年は世界最大の自動車市場で過去最高の売り上げを記録する。

 

売上高は、昨年の外交行と本年の両国間の景気後退との対比で、2013年の最高水準まで3カ月間増加しました。 中国は先月、島嶼部を対象とした防空エリアを設置し、昨年の記憶を復活させ、日本企業がアジアの近隣諸国との間の緊張関係の頻発に依然として脆弱であることを強調した。

「日系自動車メーカーへの圧力は常に存在するだろう」とグオタイ純南証券の深セン在住アナリスト、ハリー・チェン氏は述べた。 「中国は彼らにとって必須市場であるため、彼らはそれに対処する最善の方法を見つける必要がある」と述べた。

 

中国は、11月23日に創設を発表した後、戦闘機を自己宣言区域に派遣し、飛行計画の報告などを行わずに飛行場に入った場合には「防衛的緊急措置」をとるとしている。

 

11月29日、国務省は、米国の航空会社に対し、米国軍が通報なしに同地域で日々飛行を行っているとしても、国防圏を通過する前に中国当局に通報するよう要請した。 日本は、中国への飛行計画を打ち切るよう航空会社に指示している。 東風汽車有限公司のレン・ヨン副社長は11月21日、広州で開催された自動車ショーで、日系自動車メーカーの中で最も多くの車を販売している日産は、反日的な消費者の反発から完全に回復したと語った。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2019 All Rights Reserved.