TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

トヨタUSチーフによると、ブレーキは「セーフ・ストップ」ではなく「スマート・ストップ」だという

投稿日:

ロサンゼルス-トヨタ自動車

同社の最高経営責任者はカリフォルニア州の陪審に、このメカニズムが運転者の安全に役立つ以上の約束を回避するため、ブレーキ・オーバーライド・システムを「セーフ・ストップ」として販売することを避けたと語った。

平成25年8月28日

トヨタの北米最高経営責任者(CEO)ジェームズ・レンツ氏は、2009年8月に別の車両に衝突した後、カムリが制圧されて樹木にぶつかった女性の親族が起こした訴訟で、29日に証言した。 原告らは、トヨタ自動車がブレーキオーバーライドを装備していれば、この衝突は回避できたと主張しており、トヨタは否定している。

レンツ氏は、原告側弁護士から、「セーフ・ストップ」ではなく「スマート・ストップ」を、一定の運転条件下でブレーキペダルとアクセルペダルを同時に使用することでエンジン出力を自動的に低下させるオーバーライド・システムとする理由を尋ねられた。 ガロ・マルディロシアン弁護士によると、社内文書では「セーフ・ストップ」が「セーフ・ストップ」と称されていた。

レンツ氏は「私はマーケティング部門に、明らかに約束されていないものでなければならないことを明らかにした」と述べた。 「Safe Stop or Sure Stop」は、ロサンゼルス高等裁判所に提訴された約85件の人身傷害・不正死亡訴訟のうち、初めての裁判である。

トヨタは、2009年から2010年にかけて、全世界で1,000万台以上の自動車をリコールした後、米国のドライバーによる経済的損失の賠償請求を和解した。 和解弁護士は、総額16億3000万ドルにのぼるドライバーを雇った。 このリコールでは、アクセルペダルやフロアマットが詰まっていて、位置を変えてガスペダルの下にくさび状になるなど、意図しない突然の加速を訴えた。

2006年に宇野典子さんが死亡事故まで車で運転したカムリは、2009年と2010年のトヨタのフロアマットやガスペダルの改造リコールには含まれていませんでした。 また、リコール機種にはブレーキオーバーライドシステムソフトウェアを搭載し、新機種にはブレーキオーバーライドシステムの標準化を開始しました。

 

Mardirossian社は、トヨタが2000年代初頭にヨーロッパのいくつかのモデルにブレーキオーバーライドソフトウェアを導入したと主張している。その中には、最も売れているカローラなどのコンパクトモデルも含まれており、2005年10月にUno社が購入した高価格のカムリーなど、米国のモデルに容易かつ安価に導入できた可能性がある。

トヨタの北米部門責任者であるレンツ氏は、欧州ではブレーキオーバーライドシステムを搭載した1機種だけを知っていたと述べた。

 

火曜日に鑑定した医師は、反対尋問の結果、宇野氏が嘔吐血、めまい、ふらつきのため2回入院したことを認め、その1年前の2008年8月も同様であった。

 

トヨタは、宇野さんの糖尿病や肝臓の病気が認知能力を低下させ、他の車に衝突した後、一方通行の住宅街を走り降りるようになったと述べています。 他の運転手は、事件の共同被告である。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.