TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

ニューヨークで上映されたnew SUV、高級車

投稿日:

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)日系自動車メーカーは、水曜日に開かれるニューヨーク国際自動車ショーで、スポーツ・ユーティリティー・ビークルと高級車を展示している。 トヨタ自動車 「2014ハイランダーSUV」は、外装、内装の大型化、ハイブリッドオプションを含む3つのエンジンの選択肢で発売された。

トヨタグループのバイスプレジデント、ビル・フェイ氏は、インディアナ州の工場に設置される8人乗り車を紹介するイベントで、「洗練された外観で買い手が増えるとわれわれは考えている」と語った。 本田技研工業(株) 2014年には、すべてのエリアに到達できる独自のオプションの真空システムを搭載した新型ミニバン「Odyssey」を発表する予定です。

Hondaの高級ブランド「MDX 2014」は、1月にデトロイトで開催された「北米国際自動車ショー」でコンセプトバージョンを発表し、生産モデルを発表しました。

アキュラ副社長のジェフ・コンラッド氏はマンハッタンで、「2014年のMDXは、スポーツ性、ユーティリティ性、高級化が進み、競争力の高い高級SUVセグメントへの投資額が増加する」と述べ、これまでの世代より約125kg軽量であると付け加えた。 中型SUVは米国で初めて設計・開発され、フロントホイールドライブも初めて搭載される予定です。
日産自動車 「よりグリーンでクリーンなクルマ」を実現するために、電気技術のノウハウを活かした「2014パスファインダーSUV」のハイブリッド版を発表。

「電化の時代に入った。 日産シニアバイスプレジデントのジョゼ・ムノズ氏は、プレゼンテーションで「100%電気ニッサン・リーフは、当社のグリーン・エフォートの出発点にすぎない」と述べ、電化製品ラインにGT-Rスポーツカーを追加する可能性があることを示唆しました。 日産の高級車ブランド「インフィニティ」は水曜日、7人乗りSUV「2014 QX50」にオプションのハイブリッドエンジンを搭載すると発表した。

日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は以前、ジャーナリストのグループに対し、同社は為替市場での円高の「巨大なハンディキャップ」にもかかわらず、日本で年間100万台の自動車を生産するという目標に専念していると語った。 ゴーン氏は「このハンディキャップは少しずつ解消されている」とし、最近の日本銀行の信用緩和姿勢は円安につながり、「コミットメントの維持」に役立っていると付け加えた。
一方、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)は 水曜日にはパフォーマンス・カーに焦点を当て、2014年シボレー・カマロを発表した。 また、次世代カマロ向け「伝説的」Z/28モデルのリターンを発表した。 クライスラー・グループは、2014年のジープ・チェロキーを発表し、2014年のダッジ・デュランゴSUVの発売を6日に予定している。
ニューヨーク・ショーは、金曜日から4月7日にかけて一般公開される予定で、約100万人が来場する見込みだ。 2月の自動車メーカーの日本生産は15.4%減少した

同社によると、2月の国内生産台数は76万7335台(前年同月比15.4%減)となった。

生産台数は6万392台(前期比47.9%減)、日産自動車(株)は7万6631台(前期比31.4%減)となりました。 トヨタ自動車の生産台数は前期比13.2%減の30万652台となりました。 一方、マツダ(株)は、 国内生産台数は前期比19.6%増の84,035台、富士重工業は同19.6%増の84,035台となった。 5.2%増の52,086台となりました。
当月の海外生産台数は8.6%減の1,257,651台となりました。

マツダの海外生産台数は43.7%減少し、日産は14.1%、トヨタは11.8%減少しました。 しかし、三菱自動車(株) 28.9%の増加、6.8%の増加となりました。
8社の世界生産台数は11.3%減少し、2,024,986台となりました。 日産が18.4%と最も減少率が高く、次いでトヨタが12.4%減少しました。 海外生産の増加は、三菱自動車と富士重工業のみであった。
8台の輸出は14%減の36万6,109台となった。

-トヨタ自動車
-, ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.