TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 三菱自動車 日産自動車 本田技研工業

ハイテクフェアで注目されているドライビングシステム

投稿日:

CHIBA - 自動車メーカーは、日本の主要なハイテクフェアを火曜日に開くために、先進的な走行技術とITを搭載した車両を発表しました。

今年の「CEATEC Japan展」では、先進的な情報技術を駆使したクルマの普及に伴い、より多くの自動車メーカーがエレクトロニクス企業に参加しています。

本田技研工業(株) マツダ(株)と トヨタ自動車(株)をはじめて出展しています。 2年連続の年中行事に参加しています。

主催者によると、千葉の幕張メッセ会場で開催された5日間の展示会では、海外から163社を含む587社・団体が製品・技術を展示しているという。 主催者によると、ブース数は約2,340店舗だが、出展者数は前年の624店舗から減少している。
日産自動車 先進的なドライバーアシストシステムを搭載した「リーフエレクトロニクス車」により、日本で初めて自動運転技術の実証を行っています。

日産では、会場内に、日本を代表する道路を仮想化した特別運転コースを設置し、人工知能を駆使した自動運転のライブデモンストレーションを行い、他の車両の動きを予測し、最適な運転を選択することができます。 日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEATEC)は、CEATEC会場で自律走行車のテストを行い、2020年までに自走車を発売する計画であることを再確認しました。
ゴーン氏は、2020年は「多くの競争から圧力を受けているため、最新のものになるだろう」と述べた。

本田技研工業(株)の伊藤信一郎社長は、本田技研工業(株)のブースで、家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステムや家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステムのエネルギー管理システムを発売しました。 二輪車で発電した電気を使って巨大な釜の水を加熱するシステムのデモンストレーションが来場者の注目を集めた。 トヨタは「トヨタi-Road」の試作車を出展しています。 トヨタでは、カーシェアリングをベースとした都市交通システムの実証実験に、超小型・一人乗りEVを採用します。
CEATECの自動車メーカーはなぜここにいるのだろうか。 IT化、電力化の進展に伴い、情報端末の走行が始まっています」と日本自動車工業会の豊田昭夫会長は言う。 「ITの進化に伴い、クルマはより楽しいものへと進化していきます。 トヨタの社長である豊田氏は「エレクトロニクスと自動車の連携は、今後注目されるべきものです」と述べた。
エレクトロニクスメーカーは、グローバル競争が激化する中、高画質のハンドヘルド機器や「ウェアラブル」端末など、幅広い製品ラインアップを展開しています。 エレクトロニクスメーカーのディスプレイの主な製品は、クアルコム(株)と共同開発したシャープの次世代ディスプレイパネルです。 米国では事業・資本提携を行っています。
スマートフォンやタブレット端末向けに、シャープの高度なIGZO(インジウムガリウム亜鉛酸化物)液晶ディスプレイ技術とクアルコムが所有するマイクロエレクトロメカニカルシステム技術を融合させた、省エネ型のマイクロエレクトロメカニカルシステムディスプレイを開発しています。
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ ソニー(NYSE:SNY)などのウェアラブル端末を売り込んでいる Samsung Electronics Co.と 韓国もこのようなデバイスの市場に参入している。

NTTドコモのインテリジェントガラスは、フレーム上のディスプレイを介してさまざまなデータにアクセスすることができます。 この端末には、顔認識機能が搭載されており、利用者が自分の顔のプロファイルを閲覧できるようになっているが、近い将来に発売する予定はない。 多くのエレクトロニクスメーカーは、スマートフォンやタブレット端末を出展しており、日本で非常に人気の高いアップル社のiPhoneでシェアを奪回しようとしている。

-トヨタ自動車, 三菱自動車, 日産自動車, 本田技研工業
-, , ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.