TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ

フォードとトヨタ、ともに「ベストセラー車保有」との主張

投稿日:

ロサンゼルス-トヨタ自動車(NYSE:TM)は7カ月ぶりに2度目となる。

フォード・モーター(NYSE:F) どちらも世界のトップセラー車を生産していると主張している。 この衝突は、世界の自動車産業の数を数えることが複雑であることを示している。

フォードは17日、フォーカス・コンパクトが昨年の売上高102万人を記録した世界最大の銘柄となったと発表した。 R.L. ポーク & Coが指摘した。 トヨタの「カローラ」の納入実績を87万2774台としたデータ トヨタは同日、116万カローラを売却したとする声明を発表した。

どちらの会社が正しいかは明確ではない。 フォードは8月、「フォーカス」の6カ月間の世界販売リードを主張し、「IHS Automotive」のデータを引用したが、米国の「マトリックス」、欧州の「オーリス」、日本の「ヴェルソ」などの「カローラ」のデリバティブを除外した。 アナリストはまた、合弁会社が販売する自動車を基準にして、世界全体の売上高を異なる計算にしている。
ミシガン州ウエスト・ブルームフィールドの自動車コンサルティング会社、ボーム&アソシエイツのアラン・ボーム社長は、「ここには簡単な答えはない。基本的に権利を自慢するためだから、目的に合うように定義してもよい」と述べた。 「これらは、世界的に人気の高いモデルであり、開発途上国での販売数量が増えるにつれて売上が伸びる可能性が高いと言っても過言ではない」と述べた。

異なる集計はフォードとゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)として登場した。 トヨタと本田技研工業(NYSE:HONDA)が数十年にわたって支配してきたセグメントでの売り上げを獲得するために、米国内の車種を刷新する。

昨年設計し直した中型セダン「フュージョン」は、11年連続で米国でトップセールスを誇るトヨタ車「カムリー」をベースに成長している。 1-3月期以降、カムリは「フュージョン」で100,830~80,558人のリーダーを務めた。 フォードの米国営業アナリスト、エリック・メルク氏は、フォーカスが「ベストセラー銘柄」であり、102万人の数字は「第三者によって検証された純粋な数字」だと述べた。

ランバート・エドワーズ・アンド・アソシエーツの広報担当者、ミシェル・カーバー氏は、R・L・ポーク氏は、フォードが発表したものを超えて、名前のついた銘柄で世界全体の売り上げに関するデータを提供することはできないと述べた。 ミシガン州サウスフィールドに本拠を置く同社のグローバル・レポートは、世界中の80以上の市場を追跡しているため、通常3-4カ月遅れている。
「トヨタは2012年に世界で116万台のカローラ・ネームプレート車を販売した」と、マイク・マイケルズ米国副社長(通信担当)は述べた。 (R.L.)に帰属するカローラ登録 ポークは30万台近く不足している。 この相違は明らかであり、明確化を求めてきた。」フォードのFシリーズピックアップラインは「いいえ」であった。 昨年、米自動車メーカーのフィエスタ・サブコンパクトが第1位となったのに対し、フォーカス・アンド・カローラに次いで世界3位となった。 6はフォードが発表したR.L. Polkのデータによる。

-トヨタグループ
-, ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.