TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

プリウスは新たなバッテリーのアップグレードで業績を伸ばす

投稿日:

ハイブリッド車市場を独占するトヨタ自動車(NYSE:TM)は、次世代バッテリーの高効率化と燃費向上を目指すと発表した。

ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、プリウスのチーフエンジニア、扇総氏は、トヨタの将来のハイブリッドは、より高いエネルギー密度と電力を備えたバッテリーを備えるだろうと水曜日、記者団に語った。 同氏は、次期ハイブリッド車の到着時期や走行距離の詳細については明らかにしなかった。 オギソはミシガン州イプシランティで開催された説明会で、「現在のプリウスは、長年にわたり米国の燃費の王国だった」と記者たちに語った。
トヨタは、第2、第3世代車で約10%の燃費向上を実現した後、プリウスの燃費向上を続けることに「非常に意欲的」であると述べた。

トヨタは、プリウスラインの将来性や、ハイブリッドの空力的ウェッジ形状からの転換など、潜在的な変化を検討し、需要を拡大してきました。 フォード・モーター(NYSE:F)との競争が激化している。 ハイブリッド車とテスラ・モーターズ(NYSE:TS)の完全電気自動車は、長年にわたってグリーンカー市場を支配してきた。
トヨタのハイブリッドパワートレインは、小型化、軽量化、低コスト化を実現し、燃費を「大幅に向上」させる、とオギソ氏は言う。 同社は、ニッケル水素、リチウムイオン固体、リチウム空気電池技術の研究、開発、生産能力を加速させていると述べた。

トヨタは、1997年後半に日本で初めてプリウスを、3年後に米国で初めて提供して以来、ハイブリッド車「トヨタ」と「レクサス」を世界で500万台以上納入しています。 ハイブリッド車は同社の売上高の16%を占めるのに対し、フォードは3%、ホンダは2%に満たない。 トヨタは今年、米国で25万台のプリウス車を販売するという目標を達成するかどうかを懸念している。 トヨタの北米部門のジム・レンツ最高経営責任者(CEO)は6月、4月に予想を下方修正する必要があると示唆した後、「目標を達成した」と述べた。

米国のハイブリッド車に対する需要は景気によって変動しているものの、消費者の長期的な環境懸念はますます高まるとトヨタの米国販売台数の最高経営責任者、小原和夫氏は予測した。 「より長期的には、ハイブリッドは成長の可能性がある」と大原氏は水曜日のインタビューで語った。 「おそらくプリウスはガスベースの製品よりも大きな可能性を持っているだろう」と述べた。
フォードは今年、7月までに5万3014台の電気自動車を米国で販売しており、前年の5倍近くに達している。 同社は今月、ハイブリッド車「C-Max」の燃費格を引き下げた。また、この変更により、顧客に一時的な支払いを行うことを明らかにした。 米自動車大手オートデータ(Nasdaq:AUT)の推定によると、テスラの米国内販売台数は今年1-7月で10401台に達した可能性がある。 研究者は昨年、テスラの納品を追跡していなかった。
トヨタ自動車の米国販売部門シニアバイスプレジデント、ボブ・カーター氏によると、トヨタは純粋な電気自動車の役割を見ているが、現在のトヨタのハイブリッド車よりはるかに小さい。 同氏によると、同社の「15年間、そして今後予測可能な将来のコア技術」はハイブリッド車だという。 ハイブリッド技術が他の技術との「架け橋」になるかどうかについて、業界で議論がなされている、とCarter氏は述べた。
「橋であれば、50年、60年、70年という非常に長い橋です」と彼は言う。

当初の販売実績よりも技術的好奇心が強かったのは、当初のプリウス社のニッケル水素電池パックとモーターで、量産車にはエキゾチックだった。 トヨタの「ヤリス・セダン」を改良したエクステリアデザインは、その魅力を損なうものとなった。 トヨタは、2003年後半にプリウスを、屋根ラインにシームレスに流れ込むラックフードとフロントガラスでリタイルし直した。 2002年から6年連続で上昇した原油価格と相まって、この新しい見方が売り上げの成功への道を開いた。
2004年には、第2世代車が初めて発売され、プリウスの世界販売台数は12万5,742台となり、2003年の4万3,162台の約3倍に達しました。 2010年にかけては、2011年3月の地震・津波によりプリウスモデルの生産が一時的に鈍化するまで、売上が拡大しました。 昨年は、主力のハッチバック、vワゴン、cサブコンパクト、プラグイン車からなる「プリウスファミリー」を新設し、米国・日本での販売をさらに加速させました。
トヨタは、10年後までにプリウスがカムリとカローラのモデルを上回る可能性があり、自動車メーカーのトップセラーとなると述べている。

プリウスの生産は日本に限られており、安倍総理大臣の円安努力が輸出額を押し上げ、トヨタの収益を向上させています。

「安倍新首相の登場とその政策により、実際には円は世界経済の観点からも、あるべき場所に上陸しています」と、3月に米国初の社外取締役に任命されたマーク・ホーガン氏は言う。 円安の「トヨタは確かに恩恵を受けていますが、日本経済が再び成長することは重要です」
トヨタの米国戦略計画担当副社長、クリス・ホステター氏は昨年10月、次期プリウスは、量販車の発売が進むにつれて、低燃費でトップを維持しなければならないと述べた。 豊田明男社長は、よりエキサイティングなクルマづくりに向けた指示を受け、「ダイナミクス」をさらに強力に推進していく必要があると述べた。
Hostetter氏は11月、次回のプリウスは2015年のモデル年になる可能性があると語った。

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.