TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ トヨタ自動車

プリウス・ハイブリッドの大半が修正を必要としているため、トヨタのリコールは続いている

投稿日:

トヨタ自動車(株)の豊田章男は、2009年に社長に就任して以来、リコールに悩まされていましたが、現在では、最も注目されている車種のひとつに欠陥が見つかっており、修理を必要とする車の台数が増加しています。

トヨタは17日、プリウスのハイブリッド車を世界中で約190万台リコールすると発表した。 これは、発売から17年が経過した後に発売されたハイブリッド車の半分以上にあたる。 同社は、ディーラーにソフトウェアのアップグレードを依頼している。このため、自動車の電源が切れたり、停止したり停止したりする可能性がある。 創業者の孫であるトヨタは、今期は過去最高益を更新する見通しであるが、不具合を取り除くことは、まだ達成できていない目標のひとつである。

品質重視の観点から、2009年から2010年にかけて1,000万件を超えるリコールを実施したことを理由に、2015年までは自動車工場の建設を控えています。

 

インテリジェンス・オートモーティブ・アジアのアシュビン・チョタイ最高経営責任者(CEO)は「これが、豊田明男のトヨタ改造に深刻な疑問を投げかけるかどうか、それとも悪い古いやり方がまだ残っているかどうかを明らかにするのは時期尚早だ」と述べた。 「これは、同社がこれまで行ってきた多くの良いことから目をそらすものだ」と語った。

プリウスハイブリッドシステムソフトウェアの欠陥は、停止から加速するなどの走行状況で一部の部品が過熱する原因となる可能性があるとトヨタ氏は述べた。 これにより、自動車は「フェールセーフモード」に入り、そこでは、まだ電力を低減して駆動することができ、または限られた場合には、ハイブリッドシステムを停止させ、車両を停止させることができる。

この声明によると、トヨタはソフトウェア問題に関連した事故や傷害の報告を受けていないという。

 

トヨタは業界のハイブリッド・リーダーであり、2011年から3世代にわたる主要なプリウス・モデルを構築し、米国市場では「v」として販売されているアルファワゴンなどのデリバティブを加えてきました。 広報担当者のブライアン・リヨンズ氏によると、今回発表されたリコールには、第3世代に組み込まれた主要なプリウスモデルがすべて含まれているという。

昨年、トヨタが1997年にハイブリッド車を発売して以来、プリウスの全世界での出荷台数は360万台を突破しました。

 

米国道路交通安全局によると、トヨタは過去2年間、米国のどの自動車メーカーよりも多くの自動車を引き戻したという。 リヨンによると、プリウスのリコールは日本で約100万台、米国で約70万台の自動車を対象としているという。 このリコールに直ちに投資家は不安を感じていなかった。 ¥6,020の終値は前日比0.4%高だったため、この日の終値は1時間前に発表された。

「私の印象はトヨタが、たとえ軽微な欠陥があっても、より頻繁にリコールしていることだ」と、東京に本社を置くフコク・キャピタル・マネジメント社の桜井由紀社長は述べた。 「トヨタは2009年と2010年の大規模リコールから教訓を学んだ」。

 

トヨタは、プリウス以外にも、2012年と2013年のモデル年であるスポーツ・ユーティリティー・ビークル「トヨタタタコマピックアップ」「レクサスRX350」、2012年の「トヨタRAV4 SUV」とは別に、米国内で約26万台の車両をリコールすると発表した。 トヨタの米国ウェブサイトに掲載された声明によると、これらの車種のソフトウェア問題は、その安定性、アンチロックブレーキ、トラクション制御を断続的に停止させる可能性があるが、これらの車種の標準的なブレーキ操作は完全に機能したままであるという。

このリコールは今月、トヨタの予測に従い、3月期の利益が1兆9,000億円¥と過去最高を更新すると予想されています。これは、円安が日本からの自動車輸出額を押し上げる要因となっているためです。 2014年には、GMとフォルクスワーゲンの世界的な納入台数を2013年に2年連続で達成した後、前例のない1,032万台を販売するという目標を掲げている。

日野自動車(株)を含めたトヨタ全世界の売上高 ダイハツ工業(株)は前期比2.4%増の998万台となりました。 VWによると、フォルクスワーゲンとマンSE、スカニアAB(SCVB)の大型トラックの販売台数は973万台だった。 GMは業界3位の971万人だった。

-トヨタグループ, トヨタ自動車
-, , ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.