TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 本田技研工業

ホンダを金曜日に改装

投稿日:

本田技研工業(株) トヨタ自動車(NYSE:TM)のハイブリッド・コンパクトへの挑戦のため、フィット・ハッチバックを日本で19日に改装した。

ホンダによると、第3世代のフィットは、ガソリン版では¥から126万ドルで発売される。 月間販売台数15,000台を目標にしています。

同社の伊藤隆野社長は、2017年3月までに年間販売台数を600万台に増やし、トヨタのプリウスを圧倒するため、中国を含む一部の市場で「ジャズ」として販売している「フィット」を改装した。 小型車の購入が増加する中、新興国市場の成長や、ホンダのポートフォリオでは最小の「フィット」などのコンパクト車の需要に期待を寄せています。
Hondaによると、ガソリン電気式の「フィット」は、日本の基準で1リットル当たり36.4km走行できるという。 これは、同じ基準で1リットル当たり35.4kmをカバーするトヨタの最も燃費効率の良いハイブリッド、プリウス・クよりも優れていることを、会社の数字が示している。 Hondaは、ハイブリッド版の国内価格を¥163万ドルに引き下げると発表した。 価格は、世界で最も売れているガソリン・電気自動車「プリウスc」(日本ではアクア)よりも3%安い。
Hondaは、7月にオープンした埼玉県吉井市の工場に改造したフィットを生産します。

日本自動車ディーラー協会によれば、アクアは国内トップクラスの販売台数を誇り、次いでプリウスが続いている。 同協会のデータによると、アクアの販売台数は今年初めの7カ月で16万993台に達した。

輸入は対前年比7.7%増

共同

8月の新車販売台数は、日本の自動車メーカーの海外生産台数を含め、前年同月比7.7%増の23,956台となった。

(社)日本自動車輸入協会によれば、外国ブランド車、トラック、バスの販売台数は19.1%増の19,582台、日本ブランド車は24.5%減の4,374台となった。

-トヨタ自動車, 本田技研工業
-, , ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.