TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

マセラティ、自宅でトヨタに乗る

投稿日:

Maserati、Volkswagen、その他の外国自動車メーカーは、景気が改善し、台知松倉のようなドライバーがトヨタの海の中で目立つようになるにつれて、日本では過去最高の売り上げを記録している。

 

「ドアを開けたとき、色と内装はすぐにイタリアを刺激した。 42歳のレストランデザイナー、松倉氏は、ホンダのCR-Vに代わるコンバーチブル「フィアット・アバース595C」について、「私はパチンコやゴルフをしない」と語った。 だから、少なくとも私は、自分自身を興奮させるために車に値するのだ」と述べた。

2013年の日経225平均の57%上昇(40年ぶりの急上昇)から、消費者はスポーツカーやコンパクト製品の輸入に追いやられている。 日本自動車輸入協会によれば、3月期の販売台数は30万2,000台で、1997年以降で最も多くなっています。

外資系自動車メーカーは、フォード・モーター(NYSE:F)が展開する日本への進出に長年苦戦してきた。 アラン・ムラリー最高経営責任者(CEO)は昨年6月、「世界で最も閉鎖的な市場」と呼び、現在も国内モデルが販売台数の90%を占めている。 販売車種のうち2車種は、小型車、箱型車、扱いやすさなど、首都圏、農村部を問わず国内で販売されている「けい」車です。

外資系メーカーは、3月期のノンキー車販売の8.8%を獲得し、輸入グループが記録を維持し始めた1989年以降で最高のシェアを獲得した。

 

「『リーマン・ショック』後、日本は終わったと思った。高価なものは売れないし、外国メーカーの多くは、そこに投資する価値がないと考えていた」と、輸入業者協会の上野金太郎会長はインタビューで語った。 メルセデス・ベンツは、3月までの1年間で過去最高の5万9774台を販売し、前年比で40%増となり、トヨタのレクサスを抜き、4年ぶりに国内トップブランドの地位を回復するなど、「昨年、日本の重要性を見直す絶好のチャンスがありました」と語った。

フィアット・スパット(NYSE:FA)のマセラティ部門は、¥2200万台からスタートした。 2003年3月期の国内販売台数は714台と、前年比2倍以上に増加した。 これは高級車ブランドの中で最大の伸びとなった。

 

問題は、外資系メーカーの前進が持続可能かどうかである。 日本の消費者は、4月の消費税引き上げの5%から8%に先駆けて、7カ月から3月にかけて、国内外の自動車台数を増加させた。 政府は自動車購入税を5%から3%に引き下げることで、この効果を緩和した。

税率引き上げの最初の月は、輸入品の納入が前年同月比で24%減少した。これに対し、自動車販売全体では5.5%減少した。 前回の増税時(1997年4月)には、自動車販売台数は前年比15%減少し、21カ月連続で減少した。 ただ、カルノラマ・ジャパンの東京自動車アナリスト、宮尾武志氏は、海外メーカーは新型輸入車の投入や景気の改善が見込まれることから、来年の業績拡大を見込んでいる。

日本銀行総務部 黒田春彦氏は昨年4月、デフレからの脱却を支援するため、毎月2倍の債券購入を行った。 円安が進み、日本の輸出競争力が高まる中で、株式市場は急成長を遂げた。 今年は13%減少したものの、賃上げや安倍晋三内閣総理大臣の働きかけにより、経済面では更なるメリットが見込まれます。

「経済が改善すれば、人々はより高価なものに支出する意欲が高まる傾向があります」と宮尾氏は言う。 「輸入車の売り上げは、景気が好調な時期には一般的に拡大し、景気が下落する時期には急速に縮小する」と指摘した。

 

3月までは、日本市場で最大の進歩を遂げた外国車が、国内メーカーのシェアを奪い取った。 ノンケイ車の市場シェアは、4年前の48%から昨年は46%に落ち込んだ。 日本自動車ディーラー協会によると、日産自動車のシェアは同期間の16%から13%に低下した。

IHS Automotiveによると、過去12カ月間でベストセラーとなったノンキー車10台のうち7台は、トヨタのアクア、ホンダのフィットなどのコンパクト車だった。 海外ではトップ10に入った機種はありませんでした。

 

フォルクスワーゲンの新型ゴルフ・コンパクトは27位、約31,000件の売り上げを記録した。 昨年、ゴルフは、日本の自動車新聞社から受賞した「日本のカー・オブ・ザ・イヤー」という外国車として初めての受賞となりました。 ポロ、ビートル、サブコンパクトカーなどの小型車の出荷台数は、3月までに25%増の約7万2000台となり、14年連続で最高の販売台数を維持した。

フォルクスワーゲンの日本部門社長兼CEOである商事茂氏は、「ディーラーにはますますキーオーナーが来るようになっている。これまでにない現象だ」と語った。 多くは、日本で最も小さく安価なVWである「Up」を最初に輸入した自動車と同様に購入している、と同氏は述べた。 メルセデス・ベンツの日本部門トップでもある上野氏は「最近まで、輸入車は大きく、筋肉質で、高価だった」と述べた。 「世界的な規模の縮小傾向により、外国の自動車メーカーは日本に適したモデルを導入することができた」と述べた。

IHSによると、2013年の日本でのコンパクト車の生産台数は14台で、2005年以降の1年間で最も多かった。

 

フォードは昨年、フォーカスを2007年以来初めて市場に投入した。 デトロイトは2月に小型スポーツ・ユーティリティー・ビークル「エコスポーツ」を発売した。

 

BMW、Audi、Mercedes-Benzなどのプレミアムブランドも、日本で低価格のコンパクトモデルを投入している。 メルセデス・ベンツは2013年1月にコンパクトAクラスを発売し、今後12カ月間で14,600台を販売した。これは、メルセデス・ベンツの国内売上高のほぼ4分の1に相当する。

また、2013年2月には、中国の瑞慶覧グループ(Zhejiang Geely Holding Group Co., Zhejiang Geely Holding Group Co.)が所有するスウェーデンの自動車メーカー また、国内販売台数では、前期に1万300台を販売し、国内最多の販売台数を記録しました。

 

外資系メーカーは、日米両国が見直しに合意した輸入車の日本の扱いにくい認証プロセスが、見えない貿易障壁になっていると不満を表明している。 海外ブランド車の市場シェアは、金融危機が需要を抑制した後の1995年以降で最低の5.2%に低下した。これは輸入協会のデータによる。 外資系メーカーのシェアは、2011年に初めて7%台にまで落ち込んだ。

IHSのアナリスト、川野良昭氏は、外資系メーカーの新型車投入により、2016年頃までに市場シェアが拡大する可能性があると予測した。 一方、日本のブランドは、レクサスからのエントリーレベルの潜在車など、より多くの競合車種を投入する可能性がある、と同氏は述べた。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.