TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 本田技研工業

世界の自動車メーカーは、燃料電池の分野で3つのグループに分かれている

投稿日:

本田技研工業(株)が7日に発表した提携により 世界の主要自動車メーカーであるゼネラル・モーターズ社は、現在、燃料電池技術の開発で3つのグループに分かれており、それぞれ日本のプレーヤーも含まれている。 次世代環境対応車の市場をリードするためには、コストダウンやスケールメリットを活かして、法外な価格をどれだけ低く抑えられるかが鍵となります。

ガソリン車とは異なり、水素と酸素を反応させて発電した燃料電池車は、走行時に炭素ガスを排出しません。 「燃料電池車から排出されるのは水蒸気だけです」とGMは言う。 また、通常の電気自動車よりも走行距離が長い。

Hondaの幹部は、ハイブリッド車の生産では日本の自動車メーカーが優れていることは知られているが、「燃料電池車が普及するまでのストップギャップ技術」だと述べた。 燃料電池自動車は、燃費の良い車が求められる中、世界中の自動車メーカーから注目されています。

その開発における課題の一つは、必要とされる複雑なシステムである。

トヨタ自動車(株) 技術者はこれを「小さな化学プラントを搭載した車両」と呼び、また、かつては1台当たり1億¥にも達した製造コストもハードルとした。

米国新車販売台数半年、07年以来最高

近年、日系自動車メーカーが技術開発をリードしていることが知られています。 先月、国連欧州経済委員会が採択した水素・燃料電池自動車の安全性に関する初の国際法案には、日本の考え方が盛り込まれた。 トヨタとホンダは、2015年に発売予定の機種の価格を数百万円に上限を設ける計画である。 しかし、市場で広く受け入れられるためには「さらなるコスト削減が必要だと考えている」と内山田竹志会長は言う。

トヨタは1月28日、ドイツのBMWと燃料電池車の共同開発で提携したと発表した。 2020年頃までに低価格で発売することを目指している。 HondaとGMはまた、同年頃までに新世代の燃料電池システムと水素貯蔵技術の開発を目指している。

トヨタの発表から数日後、日産自動車、フランスのルノー、ドイツのダイムラー、フォード・モーター(NYSE:F) 米国はこの分野で協力した。 日産は、スケールメリットを活かして、世界初の低価格モデルを2017年に発売する可能性があると述べています。

Hondaは、GMとの最新の提携に先立ち、ハイブリッド車やディーゼル車など、環境に配慮したさまざまな技術を独自に開発してきました。 伊藤隆信社長は、かつて「お客さまが自らの手で培った技術を使って初めて喜びを感じる」と語った。

 

批判的な人々は、このようなアプローチが今後もたらす利益について懐疑的だった。 Hondaが新興市場で生産能力を急速に拡大させている時代に、アナリストは「自力で開発する方針を堅持しながら、十分な技術者や資金を持っているのか」と語った。 HondaとGMとの合意には、資本提携は含まれていない。

GMは当初、燃料電池に関するBMWとの提携の可能性を検討していたが、ドイツのメーカーはトヨタに目を向け、GMの選択肢を制限した。 Hondaにとって、GMは世界中で強力なマーケティング・ネットワークを持つ魅力的なパートナーである。

GMのダン・アカーソン会長兼最高経営責任者(CEO)は声明の中で、「この提携は、水素燃料電池技術のリーダーとしてのHondaとGMの強みを基盤にしている」と述べた。

 

GMによると、プロジェクト・ドライブウェイ・プログラムは、2007年の発売以来、水素を燃料とする119台の車両で300万マイル(480万km)近くの実世界走行を積み重ねてきた。これは他のどの自動車メーカーよりも優れている。 一方、Hondaは、2002年に日本と米国でHonda FCXのリースを開始し、後継機FCXクラリティを含む85台を配備し、燃料電池車の実用化データを収集しています。

-トヨタ自動車, 本田技研工業
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.