TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ

中国の若者をターゲットとした日系自動車メーカー

投稿日:

上海 - 尖閣諸島をめぐる二国間の紛争にもかかわらず、中国の若年消費者は、製品を製造している国々との関係よりも、製品の品質と安全性に関心を持っているようである。 昨年9月、日本が中国の島を国有化した後、中国で日本製品のボイコットが行われたことについて尋ねられたところ、27歳の清利会長は笑い、今年の日本車購入計画には影響しないと述べた。 土曜日に開催された上海国際モーターショーでは、「この種の問題は気にしない」とMeng氏は述べた。

私たちは品質、安全性、燃費、価格水準を検討しており、日本の車はこれらの基準を満たしていると考えています」とMeng氏は述べた。

上海の労働者は、高齢者は日本に対する認識は異なるかもしれないが、若者は尖閣の論争にもかかわらず「日本車を受け入れる」と考えていると述べた。

ちょうど、日産自動車(NYSE:NM)のような中国の若い消費者から注目を集めるかのように。 1980年代に生まれた中国の若者をターゲットとした「フレンドME」コンセプトカーは、中国の若者のニーズや中国人ファミリーのライフスタイルを調査し、「世界最大の単一市場セグメントになる」と発表した。 6人乗りコンセプト車「FT-HT由江寺」、本田技研工業(株)発売 9月に発売予定の量産車「ジェイド」を展示した。
自動車ショーでトヨタのブースを訪れた上海の別の会社従業員であるGuo Qiang氏(30)は、自分のフォルクスワーゲンを日本車に取り替えることを検討していると述べた。

「上海、北京、広州などの主要都市では交通渋滞が激しく、深刻な大気汚染があり、燃料価格が急騰しています」とGuo氏は言う。 「高品質・高効率で、トヨタをはじめとする日本の自動車メーカーは、外国の自動車メーカーに勝る優位性を持っている」と、日本の経営者は、暴動の再発や日本製品のボイコットなどの政治的リスクにもかかわらず、世界最大の自動車市場である中国は依然として魅力的だと述べている。
日産と東風汽車の合弁会社である東風汽車(株)の中村清安社長 中国は昨年秋、尖閣問題で日産の売り上げが大幅に減少したものの、4月頃には前年同月比で回復したと述べた。 中村氏は上海のジャーナリストに、「中国の自動車市場は今年8%の成長を期待している」と語った。
「われわれは競合他社に遅れをとっている。 中村氏は、新車の投入で業界の成長ペースに追いつきたいと述べた。

中国自動車工業会によれば、3月の中国における日本車の販売台数は、前年同月比14.3%減の238,300台となった。 一方、米国とドイツの自動車メーカーはそれぞれ31.1%、24.6%の増収となった。 「乗用車市場が年間100万台拡大する世界にはどこにもありません」と中村氏は言う。 「これは魅力的な市場だ」。
このような前向きな見方を強調しつつも、競争の激化に伴い、伊藤隆野社長は、3年ぶりに高級ブランド「アキュラ」を中国で生産する計画を発表しました。 マツダ 中国の主要消費者は80年代から90年代に生まれた若者にシフトしており、6月に新型アテンザ・セダンを導入することは彼らを誘致する戦略の一環だと幹部は述べた。
マツダは、2013年の中国における販売台数目標20万台の達成に向けて、2017年3月期に40万台を達成するための取り組みを強化しています。

日本の自動車メーカーが中国での事業拡大を表明する中で、中国政府は日本に様々なシグナルを発信しているとみられ、日本との関係改善の意思を表明する職員もいる一方で、ハイレベル交流の再開に慎重な職員もいる。 「率直に言えば、今日の中国の経済発展は、日本との協力のおかげである」と王陽副総理は先週、北京で河野元衆議院議長との会談で発言した。
「中国と日本は、協力すれば、ウィン・ウィンの関係を築くことができるが、戦えば、双方とも落ち込む」と王氏は言う。

しかし、中国の海洋監視船が尖閣諸島周辺のわが国領海に侵入しており、中国の防衛白書は、中国が「釣魚島」、台湾が「天尾屋台」と呼ぶ島の実効的な国有化をめぐって、中国と「トラブルを起こした」と非難している。
中国は、韓国が5月下旬にソウルで日中韓首脳会談を予定していた3カ国首脳会談を遅らせている。 中国は、尖閣問題について日本から譲歩の兆しが見えないまま、李克強総理が安倍総理と会談するのは時期尚早であると判断していた可能性がある。
上海在住のグオ氏は「自動車などを購入する際には、政治的な問題には焦点を当てない」と述べた。 「釣魚問題は、私のような一般市民ではなく、中国と日本の政府が関わっている。 ただ、もちろん、この問題が平和的に解決されることを期待しています。」 と述べました。

MMCトリム出力

共同

三菱自動車 同日、国内生産能力を約20%削減し、岡山県倉敷市の主要工場4ラインを12月頃から2ラインに集約すると発表した。 年間生産台数は59万8,000台から40万台をわずかに上回るが、工場で働いている従業員3050人全員を維持する。
国内生産車の輸出低迷と国内販売不振を背景に、稼働率の向上を目指している。

一方、日産自動車(NYSE:NM)と共同開発した軽自動車を生産するため、昨年5月6日に休止した同工場の夜間操業を再開する方針を明らかにした。 6月には「eKワゴン」(三菱)、「DAYZ」(日産)の名称で発売される予定です。

-トヨタグループ

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.