TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ 自動車業界

主要企業が賃金水準の引き上げに合意

投稿日:

 

多くの大企業が、今年の春の賃金交渉の妥結に向けて賃金水準を引き上げると水曜日に労働組合に通告した。これは、長年のデフレからの脱却を目指す安倍政権の強い呼びかけに応えたものである。 他社に大きな影響力を持つトヨタ自動車(NYSE:TM)は、¥2,700が月平均賃金を引き上げる一方、本田技研工業(NYSE:HONDA)は月平均賃金を引き上げる。 ¥2,200増額を計画している

また、日立製作所をはじめとするエレクトロニクス系主要6社も、 また、パナソニック(NYSE:PNS)は、賃金水準を月¥2,000で引き上げる。 これは業界最高水準となる。

 

これらの企業の多くは、労働組合の要請に十分に応えられなかったものの、円安の影響もあり、輸出企業の業績が大幅に改善したことから、6年ぶりの上昇となる。 昇給は、年功序列による定期昇給以外の基本給を一律に引き上げるものである。 年金給付は基本給に基づいて算出されるため、人件費の上昇につながることが多い。

賃上げの実現は、20年近いデフレを克服するための企業収益、賃金、消費の「好循環」の実現を目指す「アベノミクス」と呼ばれる安倍政権の経済政策の成功の鍵と考えられている。 一部の企業は、年間賞与に対する労働組合の要求を完全に受け入れる計画だが、一方、日産自動車(株)も受け入れる計画だ。 また、月額給与を¥3,500で引き上げることで、需要を十分に満たすことができるようになります。

こうした動きは、政府が賃上げを企業に強く求めていることがきわめてまれであることによるものだ。 組合は今年の春の給与交渉で、ある程度の成功を収めており、その多くが給与規模の引き上げを勝ち取っている。 「これは、我が国がデフレから脱却し、経済再生を達成するための大きな原動力となるだろう」と、経済財政政策担当大臣のアマリ明氏は記者団に語り、経営陣の反応は「期待を超える」ものであったと付け加えた。

米国で最も影響力のあるビジネスロビーである経団連の米倉裕政氏は、この動きは「デフレから脱却し、好循環を実現するためには、賃上げが必要だという認識を共有した結果だ」と語った。

 

こうした動きが中小企業や非正規労働者にも波及するかどうかが焦点となってきており、4月1日に予定されている消費税増税による需要減に耐えるためには、開発が必要であると考えられる。

 

製造業だけでなく、コンビニエンスストアのローソン(株)など、サービス業の多くの企業が賃上げを行う。 労働組合の月間平均賃金水準の引き上げ要求に完全に応えることに合意した後、12年ぶりに給与水準を引き上げることにした。 一方、スズキ(株) 新興国経済の先行き不透明感など、経営環境への懸念から、賃金の引き上げを見送ることとしました。

競争の激しいエレクトロニクスメーカーのシャープ(NYSE:SHARP) パイオニア(株) また、労働組合が要求を控え、大手電機メーカーの労働協約から事実上撤退したため、賃上げは見送られる。

 

円安の恩恵を受ける輸出志向の製造業に加えて、内需の好調により好調な外食・小売業などの非製造業も賃金水準を引き上げる。 SMBC日興証券(株)のシニアエコノミスト、宮前こや氏によると、これは消費税引き上げの悪影響を緩和するのに役立つという。

「政府は、人口のさらなる減少を防ぎ、内需を強化するために、法人税の減税や子どものいる家族を支援するための減税などの成長戦略を推進する必要があります」と宮前氏は述べた。 東京で開催された記者会見では、労働組合側は一定の目標を達成できたと述べ、賃上げを歓迎した。

「(賃上げ)は、デフレからの脱却と好循環を実現するための具体的な一歩と考えています」と自動車労働組合連合会会会長の相原安信氏は言う。

-トヨタグループ, 自動車業界

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.