TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

自動車業界

受注残、賢明なマーケティングがカーメーカーの危機を食い止める

投稿日:

 

米自動車メーカーのロビー委員長は8日、4月から6月にかけて消費税増税の影響を最小限にとどめたものの、7月以降の販売数量には懸念があると述べた。 (社)日本自動車工業会の池文彦会長は、東京での記者会見で、「7月、8月、9月の最大の懸念事項(売上高)」と語った。

ホンダの池会長は、4月からの3カ月間で、国内自動車メーカーの4輪車の新車販売台数は前年同期比1.9%減少したと指摘した。 月次ベースでは、6月の新車販売台数は前年同月比0.4%増となり、3カ月ぶりに前年同月比0.4%増となった。

同氏は、税率引き上げの影響は軽微だが、「一部車種の受注残高や商品の値上げ、マーケティング努力」によるものだと指摘した。

 

しかし、4月以降、「(4月の増税)は店舗交通率や店頭での受注に明らかな影響を与えた」と同社は指摘し、税率引き上げやガソリン価格の上昇を背景に、販売店(特に農村部)が自動車購入を控えていることが影響していると指摘した。 また、Ike氏は、農村部の景況感はまだ改善されていないと指摘した。

現在のところ、自動車メーカーのロビーは、2014年度の総需要の数値を修正する計画はなく、475万台になるとの見通しを示した。

 

同社は、東京ビッグサイト(江東区)において、2013年より1日長い10月29日から11月8日まで東京モーターショーを隔年開催すると発表した。 2009年以降、デトロイト・スリーの自動車メーカーは、このイベントから遠ざかっているが、アイクも参加を呼びかけるようになった。

「個人的には、デトロイト・スリーに参加してもらいたい」とアイク氏はゼネラル・モーターズ、フォード、クライスラーに言及した。 「一緒にイベントを盛り上げてほしい」。

 

ロサンゼルスのオートショーや中国の広州国際モーターショーなど、他のモーターショーとの競合を避けるため、44回目のオートショーは昨年よりも約3週間早く開催される。 10日間で90万2,800人が来場しました。

-自動車業界

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.