TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ 自動車業界

安倍総理はトヨタを手に入れ、日立は賃上げを後押しする

投稿日:

安倍晋三内閣総理大臣は、15年に及ぶデフレの遺産を解消するために、生計費の増加よりも賃金を早く引き上げるよう企業に要請し、トヨタ自動車を称賛した。 および日立製作所 助けてくれると誓うからです。

安倍総理は、首相官邸でのインタビューで、「賃金が値上がり以上に上昇することが私たちの望むことだ」と語った。 「われわれはできるだけ早く好循環に入りたい」と述べ、経済成長が企業収益を押し上げ、雇用主が報酬を引き上げ、労働者がより多く消費するようにした。

安倍政権の景気回復努力は、1999年以来最高の株価指数となった円安で輸出業者の利益を抑えることに成功し、2013年にはこれまでのところ46%の急上昇を記録した。 消費者物価が年率1%前後で上昇する中、4月に3ポイント上昇した販売税に加え、2015年に2ポイント上昇した世帯に損害を与えないためには、より高い賃金が必要となる。
安倍氏は12月6日のインタビューで、「デフレから脱却するためには、賃金が上昇することが極めて重要だ」と述べた。 「すでに回答している企業もある。 例えば、トヨタと日立の幹部は昇給を約束しました。」と安倍総理は、医療から農業に至る産業のビジネスチャンスを開くための構造改革を進めていくことを約束しました。 同首相は、新年中に規制緩和の優先順位を定めたプログラムを閣議決定し、その取り組みを担当する大臣を置くと述べた。

総理大臣は、9月から4回の会合を開催し、労働組合や経済界の指導者と会談し、賃上げの必要性について合意を形成するよう働きかけている。 幹部らは、ジャパン・インクを説得しようとしている。 過去最高の現金保有額の一部を配分する方針 日本銀行の集計によると、6月末時点の国内非金融民間企業の現預金残高は220兆¥(2兆1,000億ドル)であり、ブラジルの国内総生産にほぼ匹敵する規模となっている。
世界最大の自動車メーカーの広報担当者、島野山田氏は「トヨタと製造業全体が経済の活性化に果たす役割を認識している」と述べた。 このような期待を踏まえ、労使からの要請を踏まえ、労使で協議する。
トヨタは先月、円安の影響を受け、国内最大の製造業であるトヨタが1年間で74%増の1兆6700億円を¥すると予測していました。 昨年11月中旬、安倍首相がリフレーションの土台で選挙運動を開始して以来、通貨は対ドルで約22%下落しています。

電子・電機大手の日立は、営業利益は19%増の5,000億¥となり、3月までの1年間で過去最高益を更新すると予測している。 日立の丸尾洋治広報担当者は「予想どおり過去最高益を達成する見込みなら、賃上げも1つの選択肢だ」と述べ、2月頃から交渉が始まるとみられる。 組合側はまだ昇給要求を出していない、と同氏は述べた。

ゴールドマン・サックス・グループのチーフ・ジャパン・ストラテジスト、カシー・マツイ氏は、経営幹部は「キーを握っている事実を忘れてはならない」と述べた。 安倍氏は先週のインタビューで、「ウィメノミクス」の研究について引用した。 「賃金や実質所得を上げなければ、『アベノミクス』に深刻な打撃を与えかねないことを知っている」。
10月の失業率は4%で推移し、就職希望者100人当たりの募集人数は98人と2007年以降の最高水準となり、雇用情勢の悪化が賃金上昇圧力となる可能性がある。 ただ、10月の所定内給与(時間外・賞与を除く)は前年同月比0.4%減少し、17カ月連続の減少となった。労働省は12月3日に発表した。

また、10月の消費者物価指数は、前年同月比1.1%上昇し、生活費の高騰が家計消費力を低下させ始めている。 エネルギーと生鮮食品を除くと、1998年以降で最も高い0.3%の上昇となった。 主な指標は、円安による輸入石油のコスト高の結果、エネルギーコストが急騰したことに牽引されている。 日本は、2011年の福島メルトダウン後に原子炉が停止したため、化石燃料の輸入に依存している。
安倍総理は、「日本は、15年にわたるデフレから脱却する兆しを見せていますが、その過程はまだ部分的に進んでいます」と述べた。 同氏は「4月から給与を引き上げるよう雇用主に要請している」と述べた。 日本労働組合連合会(レンゴー)の調査によれば、ある進展の兆候として、冬季賞与の平均的な¥53,000上昇が挙げられている。

また、労働者の地位向上は内需にも寄与し、安倍総理は、20年間の停滞から脱却するために、女性の経済参加を自らのプログラムの一環として取り上げた。 ゴールドマンの松井氏は、女性の雇用が男性に匹敵するほど増加すれば、雇用市場で800万人が増え、GDPが14%も上昇すると予測している。
「女性の活躍は、成長戦略の柱です。日本は女性の能力を発揮していません」と安倍総理はインタビューで語った。 米国労働統計局によれば、2012年の女性の労働参加率は47.7%で、7カ国中2番目に低く、男性は69.8%を下回った。

安倍政権は、2015年4月に開始する年度に、公務員の新規採用の30%を女性が占めるようにする計画である。 また、「2020年までに監督官の30%を女性にするあらゆる政策に焦点を当てたい」と述べ、7月に自民党が連立政権で過半数を確保し、2016年まで再選されない安倍総理は、民間セクターを活性化させる構造改革に注力することを表明した。
「われわれは大胆な金融政策と柔軟な財政政策を採用しており、企業の投資を喚起する成長戦略を実行する必要がある段階に達しつつある」と同氏は述べた。 「雇用、人材、農業、医療、保健の各分野で、さらなる改革を進めていきます。」16世紀の武家大名森元成氏が、息子たちに一本の矢を見せて一緒に教えようとしたが、三本の矢を折れにくくした「三本の矢」は、その構造変化が日本を復活させるために作られた「三本の矢」の第三の矢を構成している。

第1矢印と第2矢印は、金融・財政刺激策である。 日本銀行 黒田春彦氏は、4月4日から、約2年間で2%のインフレを人為的に生み出すために債券などの金融資産の購入を増やすことで、日本のマネタリー・ベースを倍増させるという、かつてない規模の急激な金融緩和キャンペーンを開始した。

-トヨタグループ, 自動車業界
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2019 All Rights Reserved.