TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

自動車業界

東京モーターショーはまだ緑色

投稿日:

第43回東京モーターショーが開催された水曜日には、国内外の自動車メーカーから、最新のエコカー、ユニークな次世代コンセプトカーが発表され、未来を一目で見ることができました。

東京ビッグサイト(東京都江東区)で2年に1回開催されるこのイベントは、土曜日に一般公開される予定で、主催者である日本自動車工業会によると、178社から426台の車両が、いずれも2011年のイベントから若干増加した。 しかし、デトロイトの3社(米ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)、フォード・モーター(NYSE:F))は3日連続で開催した。 クライスラー・グループは立ち退いている。
JAMAによると、今年版では76台が世界的なデビューを果たしており、2011年のショーと比べると大幅に増加している。

トヨタ自動車(株)は、注目を集めているモデルのひとつである。 2015年頃に発売予定の次世代水素自動車を展示している。 世界最大の自動車メーカーによれば、燃料電池セダンは3分でフル充電が可能で、走行距離は500km以上である。
また、トヨタFV2(Fun Vehicle 2)は、1人乗りの3輪車で「ドライバーが直感的に理解できる」ように設計されており、ハンドルも持たない小型車を前後左右に傾けて操縦する。
トヨタ氏によると、この車は「共同パイロット」として機能し、ドライバーの感情を評価することで目的地を推薦できる技術を使っているという。

同社副社長の加藤光久氏は説明会で、「自動車メーカーとして、トヨタは、車を所有し、走るのに楽しいクルマを提供し続ける」と語った。

日産自動車では カルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者(CEO)は、ゼロ・エミッション・コンセプトカー「ブレードグライダー」を発表した。ブレードグライダーは3人乗りの三角形電動スポーツカーである。 ゴーン氏は、前方座席から360度近く見たところ、ドライバーはレーシングカーの車輪の後ろにいるように感じられると述べた。
「従来とは違う? 絶対に。 さらに、日産の設計者やエンジニアは、従来の車両アーキテクチャの考え方に異議を唱えてきた、と述べた。 「ブレーダーは、異なる種類の電気自動車の可能性を示しています」と、2010年に成功したオール電動リーフを発売した日産のヘッドマンは言う。
また、若年層を対象とした「IDx Freeflow Concept」を導入し、若年層を対象とした開発チームへの参加を呼びかけました。

一方、本田技研工業(株) 伊藤隆信代表取締役社長は、北米で2015年に投入予定のNSXモデルのベースデザインを採用した「次世代」スポーツカー「NSXコンセプト」と、後部ミッドエンジンレイアウトを採用した軽スポーツカー「S660コンセプト」の2つの新コンセプトモデルを発表した。
四輪車販売開始50周年を迎える。

「1962年のオールジャパンモーターショー(東京モーターショーの前身)で発表されたスポーツ360のスポーツカーモデルを使って、四輪車のビジネスデビューを行いました。このショーでは、『慶』というクルマの固定観念を打ち消し、『金型には合わない』精神を象徴しています」と伊藤氏は言う。 本田技研工業(株)が発表したモデルのうち 「SUVの力」「クーペの魅力」「ミニバンの効用」を融合させた「次世代」車と呼ばれる小型軽自動車「N-WGN」
「N-WGN」は、国内営業統括責任者の商船水川氏によれば、「お客さまの期待を超える」快適性、安全性、走行性能をバランスよく実現し、金曜日に全国で発売されるという。 ベゼルは12月20日に発売される予定で、ガソリンとハイブリッド車の両方で前輪駆動と全輪駆動が使える。
また、来春にはハイブリッドコンパクトセダン、来秋には新型レジェンドを投入する計画だという。

東京展示会に参加した外国メーカーの中で、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンが「双子」を発表しました! e-up本体を組み合わせたプラグインハイブリッドコンセプトカー! 省燃費型XL1のプラグインハイブリッドシステムを搭載した小型車 独フォルクスワーゲン(NYSE:VW)の日本部門は、4年ぶりのフルメークオーバーを実現した1.4リッターゴルフバリアントワゴンと、160kphのプラグインハイブリッド車「XL1」を出展している。
同社の主力商品であるゴルフシリーズは、5月から11月にかけて国内販売台数で過去最高の13,000台を記録し、17機種を数えるなど、外国人出展企業の中で最も好調に推移している。 東京モーターショーは12月1日に終了する。

-自動車業界
-, , ,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.