TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

東日本大震災からどうやってトヨタは復活したか

投稿日:

トヨタの復活は部品サプライヤーとの関係の再構築が重要

トヨタ自動車(株)は、歴史的な円高や東日本大震災の影響を受け、 2012年3月期の連結業績は、売上高、利益ともに大幅な増収増益となりました。

トヨタはまた、中国などの新興市場への進出において、国内外のライバルを追い抜いた。 それは「いいえ」に滑った。 世界の自動車メーカーの中で、2008年にトップの座を獲得した後、販売台数は4台となりました。
来年から来年3月にかけて、自動車メーカーは力強い回復を見込んでいるが、日本の下請企業との関係を再構築する構造改革が可能かどうかが再生の鍵を握っているとみられる。
今月初旬に発表した決算発表で、豊田明男社長は、同社が長年の苦戦から脱却することを表明した。 同氏は「3年間の研究期間を経て、今年、工業市場と新興市場の双方で一連の魅力的な製品をリリースする予定だ」と述べた。

豊田氏は、2009年、創業家の一人であり、昨年の世界的な金融危機の余波を受けて、世界がいまだに揺れ動いている2009年に支配権を握った。
トヨタ政権下では、米国でのアクセルペダルの大量リコールによるブランドイメージの低下、昨年の地震、タイでの洪水による主要生産拠点の損傷など、いくつかの困難に耐えてきました。
一方、自動車販売は、工業国ではほとんど伸びず、中国、ブラジルでは急速に伸びています。 ドイツのフォルカーゲン(NYSE:VLK)と韓国の現代自動車(HYUNDAI) 拡大する市場の構造変化に迅速に対応しました。
トヨタ幹部は、同社が厳しい立場に置かれていることを認めた。 トヨタは「世界市場での厳しい戦いを強いられている」と述べた。
トヨタは、特に国内生産と部品メーカーとの緊密な関係を重視し、いわゆる日本型経営を実践している企業の代表的な例として挙げられることが多い。
しかし、一部では、この「焦点」が収益の足かせになったのかどうか疑問視されている。

米ドルに対する急速な円高は、トヨタの厳しいコスト削減努力を相殺した。一部のアナリストは、構造改革の立ち上げが遅れたと指摘した。
これに対するトヨタの答えは、「トヨタニュー・グローバル・アーキテクチャ」と呼ばれる新しい戦略です。 これは、実質的なコスト削減を達成する上でスケールメリットを利用するために、異なるモデル・プラットフォームにわたるコンポーネントの共通使用を促進するための努力を惜しまないことを目的とする。

従来、トヨタでは部品メーカーとの関係を重視していましたが、現在ではトヨタでは重視していません。
同社の内山田武副社長は、海外メーカーからの部品調達にも積極的に取り組んでおり、「製品競争力の強化とコスト削減を同時に実現する」としている。
しかし、これまでトヨタを支えてきた日本の部品メーカーは不安を感じています。 競争力があれば、より多くの注文を期待できるが、逆の場合には事業を失うことにもなる。
トヨタ自動車傘下の中型部品メーカーの社長は「われわれはもはや従来の取引関係に頼ることはできない」と述べた。 「今や、国際的な競合他社との試合となっている」と述べた。
日産自動車 既に、日本の部品サプライヤーとの共生という伝統はありませんでした。
日産は、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)のリーダーシップのもと、世界中のメーカーと戦略的パートナーシップを構築し、それぞれの市場に対応した製品を提供しています。
日産と提携パートナーのルノー(フランス)は今月、ロシア最大の自動車メーカー、アブトヴァスの支配権を取得することを決定した。

2011年のルノー・日産アライアンスの販売台数は802万台で、トヨタの795万台を上回りました。
また、2012年3月期の連結純利益は、トヨタを上回りました。 当期純利益は¥3,410億円と、トヨタの¥2,840億円を上回りました。
コンサルティング会社ローランド・バーガーのシニア・パートナーである長島SATOSHI 氏は、日産のほうがはるかに機敏なプレーヤーだと述べた。
「日産自動車では、経営が急速に進んでいます。 長島氏は、部品メーカーとの関係を早期に断ち切ったことは有利であることがわかった、と述べた。
トヨタは、他のどの日本企業よりも、日本の中核的な拠点を維持することに注力してきました。

しかし、世界的な競争の激化や円高の影響を受け、従来の立場から脱却し、他社にも加わり始めている。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.