TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

自動車業界

自動車メーカーの収益を牽引する円安要因

投稿日:

専門家によると、2015年3月期は、海外競争の激化による円安の恩恵を受けにくい日系自動車メーカーにとって、楽観的な見方は薄れているという。 トヨタ自動車(株)、本田技研工業(株)の増益 日産自動車 株式会社 中西総合研究所CEOの中西隆明氏は、今年は減速する可能性があると述べた。

当期の営業利益は、前期比73.5%増の2.29兆¥となり、過去最高を更新しました。 ただ、今年は営業利益が0.3%増の2兆3000億¥にとどまる見通しだ。 また、営業利益は前期比37.7%増の7,502億¥となり、営業利益は前期比1.3%増の7,600億¥を見込んでいます。

中西氏によると、日本の自動車メーカーは昨年の円安の恩恵を大きく受けたものの、それ以上の減少は見込んでおらず、利益にはほとんどプラスの影響を及ぼさないという。

 

前期の主要通貨に対する円高の影響により、連結営業利益は¥9,000億円、Hondaは¥2,887億円、日産は¥2,476億円の増益となりました。 しかし、今年度は、トヨタ、ホンダ、日産は、¥100の対ドル為替レートを仮定しており、これは昨年とほぼ同じです。

両社は、為替レートが今年の収益を悪化させる要因の1つだと考えている。 営業利益は950億¥の減益を見込んでおり、¥670億円、日産¥550億円の減益を見込んでいる。これは、ロシアやブラジルといった新興国の通貨も下落しているためだ。

ドイツのコンサルティング会社ローランド・バーガーの自動車部門ヘッド、長島佐藤氏は「今期の業績はほとんど変わらないと予想している」と述べた。 「すでに優れた収益をあげているので、収益がさらに上がるのではなく、若干上下することを期待している」と述べた。

 

また、VolkswagenやBMWといった外国自動車メーカーとの積極的な競争は、4月1日に5%から8%に引き上げられた消費税引き上げの第一段階の影響により、日本企業の国内売上高が減少する可能性があるとの見通しを示した。 「外資系メーカーは、手頃な価格の自動車を市場に投入した。 これにより、消費者は国内車からの輸入車への転換を促される可能性がある」と長島氏は述べた。

日本自動車輸入協会によると、昨年の輸入外国ブランド新車販売台数は約30万2千台(前年比22.9%増)と、1966年のデータ収集開始以来2番目に高い伸びを示した。 日本自動車工業会の3月予想によると、国内自動車需要は今年15.6%減の475万台となる見通しだ。

中西氏によると、日本の自動車メーカーは、さらなる成長を確保するために、世界市場での競争力を回復する必要があるという。

 

中西氏によると、日本車の競争力は、高品質で安価な価格に基づいているが、その魅力はフォルクスワーゲン、ヒュンダイ、ゼネラル・モーターズ、フォードなどの企業によって脅かされているという。 日本の自動車メーカーは「自社製品を再強化する必要がある」と述べた。

日系自動車メーカーには、コストダウンの継続に加え、部品点数やモジュール点数を削減し、より効率的に生産できる生産体制の構築が求められています。 「大きな課題が待ち受けている。利益を生み出し、自動運転や各種パワートレインの研究開発にかかる膨張コストをカバーする必要があるからだ」と長島氏は言う。

-自動車業界

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.