TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

自動車メーカー各社、中国が北京自動車ショーに期待する

投稿日:

 

北京では、週末に北京自動車ショーが開催されるなど、日中間の政治的緊張が続いています。

世界最大の自動車市場であるモーターショーには、14の国と地域から2,000社以上の企業が集まっています。 主催者によれば、1134台の車両を出展しており、過去最高の118台の新型車が世界的にデビューしている。 4月29日に開催された「北京国際自動車展」は、中国が2013年に初めて年間2,000万台を突破したことを受けて開催された。
世界の自動車メーカーにとって、将来は中国で成功できるかどうかにかかっている。 日系自動車メーカーでは、2年に1度のイベントを開催し、最新の省エネモデルの普及を図るとともに、中国でのスポーツ・ユーティリティ・ビークルの普及に取り組んでいます。 トヨタ自動車(株)伊原安森 副社長は記者会見で、中国市場での新車販売台数を「最終的に」年間200万台に倍増させることを目指す環境技術とハイブリッド技術が「鍵」を握っていると語った。
今年後半に中国で発売される新しいコンパクトセダン「カローラ」と「レビン」を発表するにあたり、トヨタは2015年に中国で初めて完成したコンポーネントを使ったガス・電気ハイブリッド・バージョンを発売する、と伊原氏は述べた。

トヨタは世界最大の自動車メーカーだが、中国での売り上げはフォルクスワーゲンやゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)の売り上げよりはるかに小さい。 また、トヨタのレクサスは、新しい高級コンパクトクロスオーバー「NX」を展示会に出展しました。
日産自動車(株)は、日系自動車メーカーの中で最大のシェアを誇る中国人30代をターゲットとしたコンセプトセダン「ランニア」を発表したほか、スポーツカーブランド「ニスモ」を中国で発売することを発表しました。 本田技研工業(株) 中国専用の5ドアコンセプトを初めて発表し、2年後に量産化する方針を明らかにした。
Hondaはまた、2016年に中国で生産されたハイブリッド車の販売を開始すると発表した。

中国の海外ブランドのうち、2013年の日系自動車メーカーのシェアは、ドイツメーカーに次いで第2位(16.4%)となっている。

-トヨタ自動車

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.