TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車

自動車修理教室に通う若者

投稿日:

トヨタ自動車 パブリカやスポーツ800など、人気の古いクルマの修理方法を学ぶことで、若者がクルマづくりの楽しさを知ることができるよう、愛知県で授業を行っています。 トヨタグループの技術者が教員としてボランティア活動を行い、技術を次世代に継承しています。

来月は10周年を迎え、10代後半の男女がオーバーオールをし、将来のエンジニアになることを願って自動車貿易の重要な側面を学ぶ。 ベテランのエンジニアが先月、トヨタ市の本町にある(財)アステ財団の工場で1967年にパブリカを修理した中学生のグループに、「ここでドアをしっかり持ってください」と語った。

小原中学校2年生の岡田安文さんは、「レンチを使うときにどれだけの力を使うのか、気をつける必要があり、それがうまくいくのは難しい」と語る。 「車の整備士になりたいので、これは私にとって良い学習体験です」と語る岡田さんは、授業の途中で1時間運転する両親の協力を得て、過去4年間参加してきました。

2004年度から「ものづくり名瀬プロジェクト」がスタートしました。 今年は31名が登録される。 中学生から高校生、20代前半の会社員まで幅広い。 授業は毎月9時から3土曜日に行われます。 午後4時まで 古い車を修理したり、自分でデザインしたカートを作る方法を学びます。

これまでに300名の学生が修了し、その多くは自動車関連メーカーのエンジニアとして働いています。 トヨタ自動車(株)、アイシン精機(株)など110名のボランティアが講師を務めています。 トヨタ紡織(株)

生徒たちは、めっきやコーティングからエンジン修理まで、段階的な指導を受けながら、本当の仕事をしています。

 

トヨタ自動車(株)では、従業員の苦労を体験する。 創業当時、真冬でも工場は暖まっていません。

 

アイシン精機の試作工場を統括するプログラムリーダー、志野田敏谷氏は、「部品を分解・組立させることで、何が機能するかを考え、質問するようになります」と語った。

 

自動車機器メーカーの新明工業(株)のアドバイザー、石川実氏は「今後30年間の記憶に残る知識を伝えたい」と語った。 彼はプログラム開始以来ボランティアをしている。 国内の自動車生産台数が減少するにつれて、製造技術や知識の継承がますます重要になってきている。そうでなければ、永遠に失われてしまう可能性があるからである。

この授業は、(財)アステ財団とトヨタ市が設置した委員会が運営・運営しています。

 

また、年間約1,000万¥に及ぶ部品の購入・メンテナンス費用は、故豊田和子(旧トヨタ自動車(株)の妻)が残した資金で賄われています。 昨年9月、100歳で亡くなった豊田英治社長 また、トヨタグループの多くの企業もこのプロジェクトに協力しています。

これまで、繊維・陶磁器製造の講座も実施してきましたが、4月からは自動車製造のみを対象とした講座となります。 クラス名を「Mastering Car-Making Project」に変更します。

授業は、さまざまな工具を使うなどの基本から始まり、めっきやコーティングなどを学ぶ難易度の高い授業に進む、3つのレベルに分けられる。 出席は無料だが、学生は自分のオーバーオールや保護服を用意しなければならない。

小学5年生以上の小学生を対象とした授業を実施しており、会社員も参加しています。 申込期限は4月22日です。 お問い合わせ先は、豊田市モノづくり支援センターへお問い合わせください。

-トヨタ自動車
-,

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.