TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタ自動車 日産自動車

自動運転に向けての開発競争

投稿日:

かつては、映画の中にしか見られなかった「パイプ・ドリーム」でしたが、ドライブするクルマは「パイプ・ドリーム」でした。 しかし、すでに情報技術を搭載した自動車では、世界の自動車メーカーにとっては、このアイデアはもはや遠く離れており、競争は激化している。

2013年10月18日

米国企業が主導的な役割を果たしている。 昨年、グーグル YouTubeには、「ドライバー」がハンバーガーを食べ、ハンドルから手を完全に外しながら、自走中の車を映し出すビデオが掲載された。 パブリック・ロードでコンピューター主導で実施された32万キロメートルの走行試験のスライスをカバーするこのクリップは、500万回近くも視聴されている。
Googleは2017年までに同技術の導入を目指しており、GMは2017年までに同技術の導入を目指している。 自社の自動運転技術を10年後半に実用化する計画を発表した。 また、ヒューマンエラーによる事故を減らし、高齢者や障害者の車での移動の機会を提供する新技術が期待され、競合他社も参入しています。
日産自動車 日本の自動車メーカーとしては初めて自走車の販売計画を発表した。 同社は2020年までにこの技術を市場に投入することを目指しており、東京近郊に走行試験施設を設置している。

「もちろん、世間の反応も見たことがある。 日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEATEC)は今月初旬、自家用車の試作車を試すために後ろに座ったとき、自動化された自動車について、誰もが多くの関心と渇望を抱いていると語った。 「われわれは多くの競争から圧力を受けている 私たちは思ったよりももっと早くそこに行くつもりだ。 残されるのは、システムの信頼性だけだ」と述べた。
日産は、人工知能を搭載したドライバーレス車の日本初の公道走行試験を開始する予定です。

トヨタ自動車 また、最近、この戦いに参加すると発表した。 この10年半ばには自動運転技術を搭載した高速道路の安全システムを立ち上げる予定だが、そのアプローチは、完全なドライバーレス車の構築を目指すグーグルや日産とは若干異なる。

「もちろん、完璧な自動運転技術を確立したいと思っていますが、常に自動車を動かす人間である必要があると考えています。そのような技術は、ドライバーをサポートするものにすぎません。」 「ドライバーのいないクルマを販売するつもりはありません」と、トヨタの今後のプロジェクト部門のゼネラルマネジャー、梅村寿氏は言う。
「だが、それは間違いなく、資源を将来に投入するために必要な最も重要な技術の1つになるだろう。 できるだけ早くお客さまにお届けしたいと思います。

本田技研工業(株) 東京で開催されたITS世界会議で、自動運転車の試作車を発表した。 カメラ、センサー、通信システムを搭載しています。 危険を感知したときに停止し、自らを点々と駆動することができます。 Hondaは、具体的な発売時期を明らかにしていませんが、技術開発本部長の林部直樹氏は「必ずしも勝負の試合であり、この分野に力を入れていきます」と語った。

-トヨタ自動車, 日産自動車
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.