TOYOTA関係の情報をまとめています

TOYOTAまとめブログ

トヨタグループ 自動車業界

豊田氏、「自動車産業はもっと積極的でなければならない」

投稿日:

日本自動車工業会会長の豊田章男氏は、安倍総理大臣のデフレ経済政策の恩恵が十分に実感されるまでは、自動車産業の競争力強化に率先して取り組まなければならないと述べている。

豊田氏は最近のグループインタビューで、「アベノミクス」と呼ばれる安倍首相の積極的な経済計画を生かすためには、業界全体の競争力をさらに高める必要がある」と述べた。 「いずれも、国内生産・開発拠点の競争力を維持しつつ、グローバルな競争力を強化することにかかっている」。
安倍総理は、民間投資を奨励するため、抜本的な金融緩和、公共事業支出、成長戦略を提唱している。

彼の政策は、ここ数カ月の国内自動車産業の緩やかな成長を支えてきた。 大手自動車メーカー8社の発表によると、11月の生産台数は80万567台(前年比10.5%増)と3ヶ月連続の伸びを示した。 海外生産台数は前期比16.4%増の1,493,465台となりました。
トヨタ自動車 11月までのデータによると、世界で初めて年間1,000万台の自動車を生産するとみられている。 生産台数は前年同期比0.9%増の933万7,668台となりました。 トヨタ自動車のトヨダ社長は、サプライヤーは利益を得る立場にあると述べた。
例えば、トヨタでは、部品の75%(自動車用)が外部のサプライヤーから調達されています。 そこで、売上高が数兆円あれば、その75%が(彼らに)支払われることになります」と豊田氏は言う。

2014年の国内見通しについては、売上税増税による消費へのマイナス影響を考慮すると、売上高の減少は避けられないとしている。 4月には5%の税金が8%に引き上げられる。 税率引き上げ前に買いに駆け込んだ後、「ある程度の下落は避けられないと思う」と述べた。 「現在、各社は(落ち込みの)規模の推定に取り組んでいる」と述べた。

-トヨタグループ, 自動車業界
-

Copyright© TOYOTAまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.